[続きを読む…]"> 悪夢を見る原因を教えて!意味と心理に基づく6つの対処法|グッスリ!! [続きを読む…]" >
夢の意味

悪夢を見る原因を教えて!意味と心理に基づく6つの対処法

悪夢を見る原因を教えて!意味と心理に基づく6つの対処法

悪夢を見て飛び起きてしまったときは、その日一日なんだか憂鬱な気分になってしまいますよね。実は、悪夢を見るのはちゃんとした理由があるんです!そして、原因がわかれば対処することで、悪夢を見ることも少なくなるんです!!

今回は、悪夢を見る原因と対処法をお伝えします。

寝る姿勢や寝返りのしにくさが原因の場合は、睡眠時の環境を変えてみる

うつぶせで寝ている方はいませんか?うつぶせで寝ていると、肺が膨らむのが阻害されてしまって苦しくなります。「苦しい」という感覚が、そのまま悪夢に繋がってしまうのですね。

また、からだは苦しさから逃れようと自然に寝返りをしようとするのですが、その際布団が狭いなどで寝返りをしにくい環境にあると、苦しいままになってしまいます。寝返りをしにくい環境で寝ていると、寝返りをしたいのにできない苦しさから悪夢を見てしまうこともあるのです。

このようなときは、普段から仰向けや横向きで寝る、寝返りをしやすいように大きめの布団で寝ることで、悪夢をみることを予防できます。普段から「ちょっと寝ずらいな」と感じている場合は、まずは寝るときの環境から変えてみましょう^^

 

病気が原因の場合は、専門医に悪夢のこともしっかりと相談する

うつ病等の精神疾患により不眠の症状がある場合は、もともとの眠りが極めて浅いため、夢を見やすい状態にあります。また病気によって、脳が不安定な状態にあるため悪夢を見やすくなってしまいます。さらに、抗うつ剤の中には、悪夢を見やすくなるような副作用をもたらすものもあるのです。

熟睡できない病気のなかに「睡眠時無呼吸症候群」というものがありますが、これもまた悪夢を引き起こす原因となります。睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている間に呼吸がすこしの間止まってしまう病気です。いびきのひどさから気がつくことが多いのですが、この病気になると、睡眠が浅くなりがちになったり、睡眠中の酸素の供給量が減るために、苦しさを感じるため悪夢を見やすくなるのです。

これらの病気が悪夢を見る原因の場合には、専門の医師にしっかりと相談し、早めの治療を行うことが一番です。また、薬の副作用で悪夢を見る場合には、別の薬を処方してもらいながら、少しずつ改善していきましょう。

 

ストレスが原因の場合は、事情を知っている人に相談するのが効果的

ストレスがたまっていると、悪夢を見ることが多くなります。特に、受験や就職、転職、転勤、昇格、降格などの人生に大きく影響することが待ち構えているとき、そのストレスにより悪夢は発生しやすくなります。起きているときに常に感じている不安が、そのまま夢にまで出てきてしまうのです。

また、ストレスを抱えているときはなかなか熟睡できないものですよね。そうすると夢を見やすくなってしまい、悪夢も引き起こしやすいのです。

「最近ストレスがたまってるな」と感じた場合は、好きなことをしてリフレッシュしたり、だれかに相談するのが効果的です。特に、会社の同僚やクラスメイトなど、ストレスを引き起こす事情を良く知っている人に相談すると、ストレスの80%がなくなる、という研究結果も出ています。

ストレスを上手に発散して、つらい悪夢とおさらばしましょう^^

 

 

寝る前にものを食べるのはリスクが多すぎるので絶対にNG!

寝る直前にものを食べると、悪夢を見てしまうことが多くなります。食べた後には消化が始まるので、睡眠中も胃が活動することになってしまいます。そうすると、胃に血液が集中し、脳に血液がまわりにくくなるのです。それにより脳の活動が制限されてしまいストレスが発生し、ストレスが原因で悪夢を見てしまう、というわけです。

また寝ているときは、胃の消化が十分にされないため、胃がムカムカします。これも「苦しい」という原因で悪夢を引き起こしてしまいます。

その他にも寝る前の食事には「太りやすくなる」「眠りが浅くなる」などの影響があり、まさに百害あって一利なしです。消化が完全に終わるのは食べてから3時間後ですので、寝る3時間前には食事を終わらせるようにすると、悪夢も見なくて健康的な生活が送れますよ!

 

アルコールは眠りが浅くなりからだがストレスを感じやすくなるのでほどほどに

アルコールも悪夢を引き起こす原因となります。アルコールは睡眠を誘因する作用がありますが、深い睡眠ではなく、睡眠が浅くなるレム睡眠になってしまいます。レム睡眠中は夢を見やすいので、その分悪夢を見る機会も増えてしまうのです。しかもアルコールは睡眠中に体内で、悪酔いや二日酔いの原因になるアルデヒドに代謝されていくため、睡眠中に悪酔いの状態になってしまうのです。これでは悪夢も見やすくなってしまいますよね。

「寝る前には必ずお酒を飲んでいます」という方も、眠りが浅くなったり悪夢を見やすくなってしまうので、ほどほどにしておくことをおすすめします。また、毎日飲んでいると次第に眠くなりにくくなってしまいますので、普段はホットミルクや白湯などに変えて、どうしても寝れないときにお酒を飲むようにすると効果的です^^

 

少しでも悪夢を見ないようにするためにはノンレム睡眠を増やすことが効果的

いままで原因ごとの対処法をお伝えしてきましたが、さらに少しでも悪夢を見ないようにするためには、「ノンレム睡眠」の時間を増やすことです。そもそも、夢を見るのは眠りの浅いレム睡眠時なので、ノンレム睡眠の時間が多いと夢を見る時間が減ります。

ノンレム睡眠を増やすためには、睡眠前に副交感神経を活性化することが大切です。副交感神経を活性化するには、寝る前にぬるめの湯にゆっくりと浸かったり、ホットミルクなどの、カフェインの含まない温かいものを飲んだり、PCやスマホなど脳に刺激を与えるようなことを避けたりすると良いでしょう。

 

悪夢を見る原因には、大きく分けて「苦しさ」「ストレス」「病気」「眠りの浅さ」の4つがあることがわかりました。ここでお伝えしたのはほんの一例ですので、悪夢を見る原因となる4つを意識して行動していけば、次第に悪夢を見る回数は減っていきます。

悪夢を見ないようにするには、質の良い睡眠を取ることが大切ということですね^^自分のからだの健康のためにも、質の良い睡眠を取れるように心掛けましょう!

まとめ

悪夢を見る原因を教えて!意味と心理に基づく6つの対処法
・ 寝る姿勢や寝返りのしにくさが原因の場合は、睡眠時の環境を変えてみる
・ 病気が原因の場合は、専門医に悪夢のこともしっかりと相談する
・ ストレスが原因の場合は、事情を知っている人に相談するのが効果的
・ 寝る前にものを食べるのはリスクが多すぎるので絶対にNG!
・ アルコールは眠りが浅くなりからだがストレスを感じやすくなるのでほどほどに
・ 少しでも悪夢を見ないようにするためにはノンレム睡眠を増やすことが効果的

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグッスリ!!をフォローしよう!

同じカテゴリーの記事