犬の睡眠

犬のいびきの原因と防止法は?治療と対策で愛犬の健康管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
犬のいびきの原因と防止法は?治療と対策で愛犬の健康管理

犬のいびきの原因と防止法は?治療と対策で愛犬の健康管理

自分の愛犬がいびきをかいて寝ていた!そんなときは「どうしたのだろう・・・」「大丈夫かな?」と、不安な気持ちになってしまいますよね。 実は犬のいびきには、病気が潜んでいることもあるって、知ってましたか?

そもそも、いびきはどんな仕組みで出るのでしょうか。実は、人間のいびきも犬のいびきも、出る仕組みは同じです。様々な原因により、鼻腔、咽頭、喉頭といった、上気道が狭くなったり塞がれることがあると、空気は早い流れでそこを通るため、粘膜の振動音や抵抗音が発生し、音が鳴るのです。 

では、どんな原因で、そのような状態が引き起こされるのでしょうか。今回は、犬がいびきをかく原因と対処法について、お教えします。

 

 

犬のいびきの原因と防止法は?
治療と対策で愛犬の健康管理

 

犬種の特性によってはいびきをかきやすいものもいる


犬種によっては、もともといびきをかきやすいものもあります。パグ、シーズー、ブルドッグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリア、狆、ペキニーズなどがそうです。共通することは、鼻が潰れた容姿であること。

 これらの犬種は、鼻腔が狭く、さらに上あごの延長上の、軟口蓋という部分が長いため、いびきをかきやすいのです。もともとがいびきをかきやすい犬種ですので、軽いいびきであれば、そんなに心配はなさそうです。

 

肥満で鼻腔が圧迫されている


人間でも、太っている人のほうが、いびきがひどいというイメージがありませんか?実はこれは、犬にも当てはまるのです。

これは、太ったことにより、脂肪に圧迫されて鼻腔が狭くなってしまい、空気が通りにくくなってしまうためです。なので、愛犬のいびきがひどく、最近太り気味だと感じている場合は、ダイエットをしましょう。人間と同じく、犬も太りすぎは健康によくありません。運動をさせたり、食事に気を配ってみたりしてくださいね^^

 

 

鼻水で鼻がつまっている


これも、人間と同様です。人間も、風邪やアレルギーなどで鼻水がひどくなり、鼻がつまるといびきをかきやすくなります。鼻水がひどくなると鼻がつまるのは、犬も同じこと。鼻水によって鼻腔が詰まってしまうと、いびきの音が出やすくなります。 

一時的なものであれば心配いりませんが、鼻水が続いている場合は、お医者さんに相談してみてください。

 

たばこの煙で粘膜が傷ついている


たばこは、吸っている人の健康にとってよくないのはもちろんですが、周りにも、大きな悪影響を及ぼします。それは、たばこの煙は、吸われている煙よりも、たばこの先から出ている煙、いわゆる副流煙のほうが、害が大きいからです。人間にとっても悪影響なものが、犬にとってももちろん良いわけはありません。

たばこの煙は、強い刺激により鼻の粘膜を傷つけてしまいます。それによって鼻の状態が悪くなると、鼻は粘膜を守ろうとして、鼻水を出します。そうすると、鼻がつまってしまい、いびきをかきやすくなってしまいます。

またそれだけではなく、たばこは愛犬の健康自体を損ねてしまう恐れもあります。最悪、ガンを誘発させてしまうことも・・・家族の健康のためにも、愛犬の健康のためにも、禁煙をするか、あるいは禁煙がかなわないのであれば、外でたばこを吸うなどの対策をすることを強くおすすめします。

 

病気によるものはしっかり病院で治療しよう


一番気をつけなければいけないのは、病気によるいびきです。いくつか代表的なものをお伝えします。

「気管虚脱」は、気管が変形してしまっている病気です。気管は通常、呼吸がしやすいように筒状の形をしています。しかし、何らかの原因により、その気管が押しつぶされたような形に変形してしまったり、正常な硬さや弾力がなくなってしまうことがあります。この状態になってしまうと、気管がつぶれて空気の通り道が妨げられているので、息を吸うときに、咳こんでしまったり、呼吸困難を起こしてしまうこともあります。いびきだけではなく、苦しそうな様子が見られるときは、病院に連れて行きましょう。

「腫瘍」が鼻腔にある場合も、いびきをかきやすくなります。これもまた、腫瘍により空気の通り道が狭くなるためです。腫瘍が良性の場合は良いのですが、悪性の場合は一刻を争います。何かおかしいと感じた場合は、すぐに病院で検査を行ってもらうことをおすすめします。

「心臓肥大」心臓の病気の中で最も多いものです。その原因は、多くの場合、食生活にあります。塩分の多い食べものを与えていた場合に発症することが多いです。もともと、犬には塩分が必要ではないため、体の構造上多く摂取できるようにはなっていません。心臓肥大はその名の通り、心臓が肥大化する病気です。肥大した心臓が気管を圧迫するため、いびきに似た音を発生させます。心臓肥大は、咳をすることも多いので、愛犬がいびきと共に咳をする場合は、心臓肥大を疑い、病院へ連れて行きましょう。

 

一口にいびきといっても、原因は様々です。

犬種によるものや、一時的な鼻水による鼻づまりの場合はそれほど心配いりませんが、それ以外のことが原因なのであれば、根本的な原因を取り除いてあげた方が良いです。愛犬との楽しい時間を1日でも長く持てるよう、たかがいびきと思わず、ささいな変化も見逃さないように気をつけていきましょう^^

 

まとめ

犬のいびきの原因と防止法は?治療と対策で愛犬の健康管理
・ 犬種の特性によってはいびきをかきやすいものもいる
・ 肥満で鼻腔が圧迫されている
・ 鼻水で鼻がつまっている
・ たばこの煙で粘膜が傷ついている
・ 病気によるものはしっかり病院で治療しよう


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. ペット用ベッドのお手入れを楽にする8つの方法 ペット用ベッドのお手入れを楽にする8つの方法
  2. 犬の睡眠時間は長い!?質の良い睡眠のための7つの豆知識 犬の睡眠時間は長い!?質の良い睡眠のための7つの豆知識
  3. 犬のベッドは自作できる!5つのおすすめ犬用ベッド 犬のベッドは自作できる!5つのおすすめ犬用ベッド
  4. 犬と一緒に寝る前に!一緒に寝てはいけない5つの理由 犬と一緒に寝る前に!一緒に寝てはいけない5つの理由

Facebok

PAGE TOP
Top