赤ちゃんの睡眠

ベビーベッドはいつまで必要?おすすめ時期やレンタル方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ベビーベッドはいつまで必要?おすすめ時期やレンタル方法

ベビーベッドはいつまで必要?おすすめ時期やレンタル方法

赤ちゃんを寝かせるのにベビーベッドを使用しているお母さんにとって、ベビーベッドをいつまで使うべきなのか気になりますよね。赤ちゃんが成長し動きも活発になっていくにつれ、高さのあるベビーベッドにそのまま入れておくことはかえって危険なのでは・・・?と考えることもあるでしょう。

そこで今回は、ベビーベッドの使用期間や卒業後の寝かせ方、効果的なベビーベッドの運用法についてお伝えします。

 

 

ベビーベッドはいつまで必要?
おすすめ時期やレンタル方法

 

いつまで使うかは赤ちゃん次第


ベビーベッドを使用していたお母さん達に「いつまで使用していたか?」というアンケートをとったところ、下記のようになりました。

・1ヶ月~2ヶ月   約20%
・3ヶ月~5ヶ月   約30%
・6ヶ月~9ヶ月   約30%

この結果から見ても、ベビーベッドの使用期間は赤ちゃんによってバラバラであることが分かります。そのため、「この時期までに絶対にベビーベッドを卒業しないといけない!」ということはないのです。また、夜泣きが多い赤ちゃんの場合は夜中に起きて抱っこをしたり撫でたりすることが多くなるため、目の届く場所で寝かせた方が楽という理由からベビーベッドをほとんど使わなかったという方もいます。

ベビーベッドをいつまで使うかは、赤ちゃんの発達段階や性格・体質によって変わる、ということですね。

 

目安としてはつかまり立ちをするようになってから


ベビーベッドの使用期間は赤ちゃんによって異なりますが、目安になる時期というのは存在します。それは赤ちゃんがつかまり立ちを頻繁にするようになった頃です。

赤ちゃんは頭が重いうえにそれを支える筋力がまだないので、バランス感覚に欠けています。そのためつかまり立ちをした状態でベッドから頭を出すようなことがあれば、頭の重さによって下に転落してしまう可能性もあるのです。

したがって、つかまり立ちを頻繁にし始めたら「そろそろベビーベッドも卒業かな」と思うと良いでしょう。

 

ベビーベッドの中で身体をぶつけるようになるのも卒業のサイン


つかまり立ちを始めた頃がベビーベッドを卒業する一つのサインであることはお伝えしました。

その他にも赤ちゃんのからだが大きくなり動きが活発になったことで、ベビーベッドにからだのあちこちをぶつけるようになれば、それも卒業のサインとして捉えて良いでしょう。この時期にベビーベッドを卒業させることでケガを減らし、赤ちゃんが寝返りを打って頭などをぶつけるなどして目が覚め泣き始めるような事態を防ぐことにもつながります。

 

 

ベビーベッド卒業後は、添い寝やジュニアベッドへの交換になることが多い


では卒業後、赤ちゃんはどのように寝かせるのが良いのでしょうか?これは家庭の環境によっても異なりますが、大体の場合がお母さんとの添い寝となります。寝具は敷布団であったりベッドであったりと様々ですが、横に寝かせている方が赤ちゃんも安心して眠れる上にお母さんも目が届くので安心できるといった理由から選ばれることが多いです。

また、赤ちゃん一人で寝ることを習慣づけたいということで、ベビーベッドからジュニアベッドに買い替える方もいます。家庭の環境や教育方針に併せて、赤ちゃんの寝る環境を整えていってください^^

 

いつまで使うかわからないという方はレンタルがおすすめ!


繰り返しますが、ベビーベッドをいつまで使用するかは赤ちゃんの発達段階とお母さんの判断によって異なります。そのためお母さんが10ヶ月くらいはベビーベッドで寝てもらいたいと思っていても、現実はなかなかうまくいかないことだってあります。

「せっかくベビーベッドを購入したのに、ほとんど使わなかった・・・」なんてことになったらもったいないないな、と思ってしまいますよね。そんなときはベビーベッドをレンタルすることをおすすめします。ベビーベッドのレンタルは1ヶ月ごとに契約することができるので、不要になった時点で返却すれば費用も購入よりもはるかに安くすみ、余分なスペースをとることもないので非常に合理的です。レンタル費用はレンタル会社やベッドの種類により変わってきますが、1か月あたり2千円~3千円が大体の目安です。

 

中には長く使える機能的なベビーベッドも!


近年、今までのベビーベッドの概念を覆すような機能的なベビーベッドも多く見られるようになりました。

ベビーベッドとして使用した後に木枠を組み替えることでジュニアベッドに変身したり、収納ラックとして使用できたり、家事などを行う際に赤ちゃんを中に入れて遊ばせておけるサークルに変身したりと様々な使い方ができるのです。このようなベッドだとベビーベッドを使用しなくなった後も用途に合わせて様々な使い方ができ非常に便利です。「ベビーベッドは購入しておきたいけど、いつまで使うか不安・・・」という方は、こういった他の用途としても使用できるものを選ぶと長く使うことができますよ^^

 

ベビーベッドをいつまで使うかは、まわりに合わせるのではなく赤ちゃんの成長度合いを見計らってから決めるようにしましょう。また、レンタルや機能的なベビーベッドも考慮に入れ、毎日の赤ちゃんの成長を楽しめるようにすると、日々の赤ちゃんとの生活がより明るくなりますよ^^

 

まとめ

ベビーベッドはいつまで必要?おすすめ時期やレンタル方法
・ いつまで使うかは赤ちゃん次第
・ 目安としてはつかまり立ちをするようになってから
・ ベビーベッドの中で身体をぶつけるようになるのも卒業のサイン
・ ベビーベッド卒業後は、添い寝やジュニアベッドへの交換になることが多い
・ いつまで使うかわからないという方はレンタルがおすすめ!
・ 中には長く使える機能的なベビーベッドも!


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 新生児の睡眠時間はこれだ!うちの子は短い?平均?長い? 新生児の睡眠時間はこれだ!うちの子は短い?平均?長い?
  2. うちの赤ちゃんの睡眠時間は長い!?平均と良い睡眠のコツ うちの赤ちゃんの睡眠時間は長い!?平均と良い睡眠のコツ
  3. 赤ちゃんに枕は必要?様々なメリットと高さなどの選び方 赤ちゃんに枕は必要?様々なメリットと高さなどの選び方
  4. 赤ちゃんのいびきの原因とは?防止・治療する4つの対策法 赤ちゃんのいびきの原因とは?防止・治療する4つの対策法
  5. 新生児の肌着選びはおまかせ!長持ちもできる7つのポイント 新生児の肌着選びはおまかせ!長持ちもできる7つのポイント
  6. 生後2ヶ月の赤ちゃんの平均睡眠時間と、質の良い睡眠のコツ 生後2ヶ月の赤ちゃんの平均睡眠時間と、質の良い睡眠のコツ
  7. 赤ちゃんに靴下は逆効果!?ダメな理由と履かせる際の注意点 赤ちゃんに靴下は逆効果!?ダメな理由と履かせる際の注意点

Facebok

PAGE TOP
Top