赤ちゃんの睡眠

赤ちゃんに枕は必要?様々なメリットと高さなどの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
赤ちゃんに枕は必要?様々なメリットと高さなどの選び方

赤ちゃんに枕は必要?様々なメリットと高さなどの選び方

「赤ちゃんに枕は必要なの?」よく耳にする疑問ですが、本当はどっちが正しいのかわからないと、どうしたら良いのか不安になってしまいますよね。先輩のママさんに聞いても意見が分かれてしまったら、なおさら混乱してしまいます。

実は、赤ちゃんが枕を使うと、様々なメリットがあるんです!中には、赤ちゃんの一生に関わるほどの重要なものも・・・

今回は、赤ちゃんが枕を使うメリットと、枕を選ぶ際のポイントについてお伝えします。

 

 

赤ちゃんに枕は必要?
様々なメリットと高さなどの選び方

 

主な使用目的は頭部の変形を予防するため


大人が枕を使用するのは、寝心地を良くするためです。大人の背骨はS字型にカーブしていますが、その理由は頭の重量を支えるために負担の少ない形状だからです。枕を使用して寝ている間もS字の姿勢を維持することで、肩まわりや腰への負担が少なくなるのです。

ところが、赤ちゃんの背骨はゆるやかなC字型にカーブしているので、枕を使って首を支える必要がありません。「それなら赤ちゃんに枕は必要ないじゃん!」かと思えば、そうとも言い切れないのです。

赤ちゃんは寝ている時間が長い上に、頭の骨がやわらかいので、どうしても頭の形がいびつになりやすいのです。特に首がすわる前の赤ちゃんは、向き癖の影響によって特定の位置がへこんでしまうことがよく起こります。赤ちゃんに枕を使う目的は、頭部の変形を防ぐためなのです。

 

枕で頭に傾斜をつけ、吐き戻しを軽減できる


赤ちゃんの胃は大人の胃と違って、「とっくり」のような形をしています。逆流しやすい構造に加え、母乳やミルクと一緒に空気を飲み込んでしまいがちなので、頻繁に吐き戻しを起こしてしまいます。吐き戻しが多いと寝具の洗濯も大変ですよね。

実は、赤ちゃんの吐き戻しは、枕を使うことで軽減することができます。吐き戻しをやわらげるには、赤ちゃんの頭を少し高くしてあげると効果があります。赤ちゃんの首に負担をかけない程度の傾斜(10度程度)を枕によってつければ、吐き戻しが軽減されます。

 

使う場合は首がすわってから


新生児から使えるタイプの枕もありますが、生後2~3ヶ月から使用可能というタイプが主流です。赤ちゃんの首がすわる前に枕を使うと、気道を圧迫してしまう可能性があるので、首がすわってから使うことをおすすめします。また、首がすわった後でも高さのある枕は、気道が圧迫されるので危険です。

赤ちゃんの枕を選ぶときは、生後何ヶ月から使用可能であるのかをしっかり確認しましょう。

 

 

高さや形は体格に合わせる


同じ月齢でも、赤ちゃんによって頭の大きさや首の長さには個人差があるので、枕も体格に合わせて選ぶようにします。ネット通販などで購入するよりも、実際に店舗に足を運んで赤ちゃんのサイズに合わせて枕を選んだ方が、フィット感を確認しやすいのでおすすめです。

なお、赤ちゃん枕の主流である「ドーナツ枕」の場合、新生児用(0~3ヶ月)、首がすわる頃から使える中型サイズ(4~12ヶ月)、大型サイズ(12~36ヶ月)があります。赤ちゃんは日々成長しているので、体格の変化に合わせて枕を買い換えるようにすると、赤ちゃんの頭を効果的に守ってくれます。

 

高さ調整が自在な機能性枕もおすすめ


生後すぐに使えて、成長に合わせて高さが調節できる筒状の枕もあります。この枕は頭を乗せるのではなく、首に当てて使用します。枕の中にはビーズが入っており、Cカーブの背骨を安定させるのに優れた構造になっています。また、同じビーズタイプの枕でも、ビーズを前後左右に移動させたり、折りたたんだりして高さ調整が可能なものもあります。

赤ちゃんの成長に合わせて高さを調節できるので、買い換える必要がなくて経済的ですね^^

 

兼用枕で機能性アップ


授乳時に使用する補助ベルトがついた、「兼用枕」も便利です。授乳時は赤ちゃんの頭を安定させるために、お母さんの腕に大きな負担がかかりますが、この枕を使うことによって、負担を軽減することができます。

また、赤ちゃんはちょっとした環境の変化にも敏感で、布団に寝かせた途端に目を覚ましてしまうことも多いものです。兼用枕を使えば、授乳中に赤ちゃんが眠ってしまった場合でも、枕ごと布団に寝かせてあげることができます。

なお、頭部の矯正や吐き戻し防止機能が備わっている寝具は、枕だけではなく、マットと枕が一体化したタイプのものや、向き癖を防止するクッションタイプのものもあります。

 

肌に優しい素材を選ぶ


赤ちゃんの肌は敏感なので、枕の素材にも注意が必要です。

おすすめは天然素材です。なかでも、「オーガニックコットン」が特におすすめです。肌触りの良いタオル生地やガーゼなども、赤ちゃんの肌と相性バツグンです。

なお、赤ちゃんは汗をかきやすく、ミルクの吐き戻しなどで顔まわりの寝具は汚れやすいので、枕カバーだけでなく枕本体を洗濯することも多くなります。赤ちゃん用の枕は洗濯機で丸洗いできるものが主流ですが、ジェルトロン素材の枕など、中材によっては手洗いしなければならないものもありますので、購入時に表示を確認することをおすすめします。

 

赤ちゃんが枕を使うのには、様々なメリットがあることがわかりました。赤ちゃんの枕には数多くの種類がありますので、実際に店舗に足を運んで、赤ちゃんにぴったりの枕を選んであげてください。

また、赤ちゃんの向き癖や頭の変形は、こまめに寝る向きを変えてあげることでも軽減できます。赤ちゃんとのスキンシップにもつながりますので、枕と併用して実践してみてください^^

 

まとめ

赤ちゃんに枕は必要?様々なメリットと高さなどの選び方
・ 主な使用目的は頭部の変形を予防するため
・ 枕で頭に傾斜をつけ、吐き戻しを軽減できる
・ 使う場合は首がすわってから
・ 高さや形は体格に合わせる
・ 高さ調整が自在な機能性枕もおすすめ
・ 兼用枕で機能性アップ
・ 肌に優しい素材を選ぶ


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 生後2ヶ月の赤ちゃんの平均睡眠時間と、質の良い睡眠のコツ 生後2ヶ月の赤ちゃんの平均睡眠時間と、質の良い睡眠のコツ
  2. 新生児の睡眠時間はこれだ!うちの子は短い?平均?長い? 新生児の睡眠時間はこれだ!うちの子は短い?平均?長い?
  3. 新生児の肌着選びはおまかせ!長持ちもできる7つのポイント 新生児の肌着選びはおまかせ!長持ちもできる7つのポイント
  4. 赤ちゃんに靴下は逆効果!?ダメな理由と履かせる際の注意点 赤ちゃんに靴下は逆効果!?ダメな理由と履かせる際の注意点
  5. うちの赤ちゃんの睡眠時間は長い!?平均と良い睡眠のコツ うちの赤ちゃんの睡眠時間は長い!?平均と良い睡眠のコツ
  6. 赤ちゃんのいびきの原因とは?防止・治療する4つの対策法 赤ちゃんのいびきの原因とは?防止・治療する4つの対策法
  7. ベビーベッドはいつまで必要?おすすめ時期やレンタル方法 ベビーベッドはいつまで必要?おすすめ時期やレンタル方法

Facebok

PAGE TOP
Top