[続きを読む…]"> 赤ちゃんに靴下は逆効果!?ダメな理由と履かせる際の注意点|グッスリ!! [続きを読む…]" >
赤ちゃんの睡眠

赤ちゃんに靴下は逆効果!?ダメな理由と履かせる際の注意点

赤ちゃんに靴下は逆効果!?ダメな理由と履かせる際の注意点

赤ちゃんの手足に触れると思ったよりも冷たくて「靴下を履かせたほうが良いのかな?」と思ってしまいますよね。また、家族や親戚のご年配の方に「なんで赤ちゃんに靴下を履かせないの?」と言われ、靴下を履かせるのが普通なんだと感じるかもしれません。

実は、赤ちゃんに靴下を履かせると、赤ちゃんの成長にとって逆効果になってしまうんです!最悪の場合、思わぬケガや体調不良になってしまうことも・・・

今回は、赤ちゃんに靴下を履かせないほうが良い理由と、履かせるタイミングについてお伝えします。

室内での靴下は赤ちゃんの成長に逆効果!?

赤ちゃんは体温調節機能が未熟なため、手のひらや足の裏から放熱することで体温を調整しています。そのため、室内で靴下を履いた状態だと、足の裏からの放熱が上手くいかず、逆に体調を崩してしまうことになるんです。

手足が冷たくてもお腹や背中が暖かい場合は、体温調節が上手くできているので、心配する必要はありません。お腹や背中が冷たい場合や手足の血色が良くない場合は、からだが冷えている可能性があるので、今着ている服の上からもう1枚着せてあげましょう。

また、個人差はありますが成長の早い赤ちゃんは、半年経過した頃からつかまり立ちをし始め、それからしばらくしてヨチヨチ歩きをし始めます。この時期に靴下を履かせていると、バランスを崩して転倒してしまうこともあり非常に危険です。こういったことを防ぐためにも、室内で靴下を履かせることは避けるようにしてください。

 

寝るときの靴下も、逆にからだを冷やしてしまうのでNG

室内で靴下は必要ないとお伝えしましたが、それは睡眠時も同様です。赤ちゃんは特に寝汗をよくかきます。そしてそれは足の裏も同じです。もし靴下を履かせて寝かせると、靴下に汗がついてしまって逆に足を冷やしてしまう可能性があるのです。

起きたら赤ちゃんのからだが冷えていた、といったことを防ぐためにも、寝かせる際に靴下を履かせることは避けたほうが良いでしょう。

 

外出時の靴下は体温の低下を抑える効果があるのでおすすめ

季節にもよりますが、気温が低い日の外出時などは靴下を履かせてあげても良いでしょう。特に自分で歩けるようになるまでの赤ちゃんは、ベビーカーやお母さんの抱っこ、そしておんぶなどで移動することが多いため、外でなかなかからだを動かすことができません。からだをほとんど動かさないまま冷たい外気にさらされると、体温が一気に下がってしまいます。こんなときこそ靴下の出番です。靴下を1枚履かせるだけでも、体温の下がる速度はゆるやかになっていきます。

また、長時間お出かけする際は、出発時には靴下を履かせていなくても急激に気温が下がることを念頭にいれて、カバンなどに入れて持ち歩くことをおすすめします。

 

 

靴下を嫌がったり脱げたりするときは、他の防寒具を代用する

外出時に少し冷えてきたからといって靴下を履かせても、中にはいつのまにか靴下を脱いでしまうという赤ちゃんもいます。こんなときは赤ちゃん用のレッグウォーマーと靴下を組み合わせて使用することをおすすめします。靴下を履かせた後に上からレッグウォーマーをかぶせてあげると、靴下が脱げる回数は劇的に減少します。動きの激しい赤ちゃんには特におすすめの方法です。

ただ、靴下が嫌いで脱いでしまう赤ちゃんもいますので、泣いたり嫌がったりする場合は無理に履かさなくても良いでしょう。その場合は、レッグウォーマー単品での使用やひざ掛けなどの防寒具を代用し、赤ちゃんを寒さから守ってあげてくださいね^^

 

以前は赤ちゃんに靴下を履かせるのが普通だった!?

実は、以前は赤ちゃんには室内でも靴下を履かせるのが当たり前、という育児の流れがありました。このようなことから、色々なところで「靴下をなぜ履かせないの?」と言われることもあるでしょう。これは当時暖房器具などが充実しておらず、部屋の室温も低かったことなどが理由とされています。室内と言えど、しっかりと防寒対策をしないと体温が下がってしまっていたのでしょう。

しかし今は暖房器具が充実しており、室内で防寒対策をしなくても快適に過ごせるようになりました。それは赤ちゃんも同じです。このように環境が変わった中で以前と同じように靴下を履かせることは、かえって赤ちゃんに負担をかけてしまいます。

環境の変化に併せて、臨機応変に対応していくことが大事、ということですね^^

 

靴下は滑り止めタイプで、サイズが合ったものを履かせる

靴下を履かせる際に気を付けないといけないことがあります。

まず、履かせる靴下は必ず滑り止めのついた靴下にしましょう。滑り止めがあるのとないのでは、転倒やケガをする危険性が大きく変わってきます。赤ちゃんが思わぬケガをしないためにも、靴下を選ぶ際には滑り止めタイプを最優先してください。

また、靴下を履かせる際は、サイズの合ったものを使用するようにしましょう。よくあるのが、プレゼントなどの頂き物でもらった靴下を、そのまま履かせてしまうケースです。赤ちゃんのサイズに合わない靴下を履かせてしまうと、ゆるい場合は知らないうちに脱げてしまったり、余った部分を踏んで転んでしまう可能性があります。小さい靴下は足首を締め付けてしまう可能性もあります。赤ちゃんのサイズに合わない靴下を頂いた場合には、「今はタイミングじゃないんだな」と考え、次に生まれてくる子や知り合いに譲ることで、有効活用することができます。

 

今回は赤ちゃんに靴下を履かせるタイミングや、その際の注意点などについてお伝えしました。靴下は室内では使用しなくて大丈夫ですが、履かせるタイミングを理解していればとても役立つアイテムです。

上手に靴下を利用し、赤ちゃんに快適な時間を与えてあげましょう^^

まとめ

赤ちゃんに靴下は逆効果!?ダメな理由と履かせる際の注意点
・ 室内での靴下は赤ちゃんの成長に逆効果!?
・ 寝るときの靴下も、逆にからだを冷やしてしまうのでNG
・ 外出時の靴下は体温の低下を抑える効果があるのでおすすめ
・ 靴下を嫌がったり脱げたりするときは、他の防寒具を代用する
・ 以前は赤ちゃんに靴下を履かせるのが普通だった!?
・ 靴下は滑り止めタイプで、サイズが合ったものを履かせる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグッスリ!!をフォローしよう!

同じカテゴリーの記事