寝ることに関する雑学

寝るのが怖い…寝る前の恐怖の原因とぐっすり寝る方法

寝るのが怖い…寝る前の恐怖の原因とぐっすり寝る方法

寝るのが怖い…寝る前の恐怖の原因とぐっすり寝る方法

寝るのが怖いと思っている方、実は意外と多いんです。その恐怖が漠然としていると、どうしたらいいのかとますます不安な気持ちになってしまいますよね。

実は、寝るのが怖いと思う原因には、さまざまな理由があるんです。そして原因ごとの対処法も、必ず存在しています。

今回は、寝るのが怖いと感じる原因と、その対処法についてお伝えします。

 

 

寝るのが怖い…
寝る前の恐怖の原因とぐっすり寝る方法

 

寝ると怖い夢を見てしまうから


眠ることによって怖い夢を見ることが頻繁にあると、「また怖い夢を見るのではないか・・・」と不安になり、寝るのが怖いと思うようになってしまいますよね。

怖い夢を見てしまうことにも理由があり、主にストレスや病気、寝具などが関係しています。睡眠をとるときの自分自身や寝具などの環境が悪いと、怖い夢を見てしまうのです。また、睡眠時無呼吸症候群などが発祥している状態で、寝ているときに無意識に苦しさを感じていることが、悪夢を見る原因となることもあります。

自分が怖い夢を見てしまう原因は何であるかは寝ているときの環境でもわかるので、注意して原因を見極めてみましょう。そして、ストレスが溜まっている場合はそのストレスを発散しなければなりません。怖い夢を見る原因はいくつかあるので、一つ一つの原因をなくしていくことで怖い夢を見てしまうような環境をなくし、寝るのが怖いと思わないような環境を作っていくのが良いでしょう。

怖い夢さえ見なければ、寝ることに憂鬱な気持ちを感じることもなくなります。

 

不眠症でなかなか寝つくことができない


不眠症など睡眠障害があるという場合も、寝るのが怖いと思う原因となります。

布団やベッドに入ってもなかなか眠れないのは、本当に辛いことですよね。早く寝なければならないという焦りを感じたりして、眠れない時間が何時間も溜まるとそれが余計にストレスになってしまいます。不眠症の人は、ほとんど毎日そのような時間を過ごさなければならないので、夜になると「またあの時間がやってくるのか・・・」と思ってしまい、それが寝るのが怖くなるきっかけとなってしまいます。

不眠症で寝るのが怖くなると、その恐怖心からますます寝つくことができなくなってしまうという悪循環が起こります。不眠症がひどくどうしても良くならない場合は、病院に行くなどして自分に合った不眠症対策を立てることをおすすめします。

 

 

翌日が来て欲しくないという気持ちがある


眠りが浅くない人にとっては、ベッドや布団に入って眠り始めたら、朝になるまでの時間は一瞬に感じられるほど早いでしょう。翌日の学校や仕事などがとても憂鬱で行きたくないと感じている場合、寝るのが怖いと思ってしまうことがあります。

そのような場合は睡眠をとること自体に恐怖心がある訳ではなく、翌日に対する不安から睡眠自体が怖くなっています。翌日に対する嫌な気持ちが、寝るのが怖いという気持ちにさせていたとしても、その不安が寝ることそのものに向けられてしまえば、睡眠にも悪影響があります。

翌日が来るまでに何とか少しでも時間を稼ぎたいと思って夜遅くまで起きるようにしていたり、時間ばかり気にして睡眠が浅くなることはあまりおすすめできません。翌日嫌なことが待っていたとしても気分良く眠れるように、寝る前に好きな音楽を聴いたりお風呂にゆっくり浸かってリラックスし、不安をなくしてから眠ることを心掛けてみてください^^

 

自律神経が乱れている


不眠症のパターンと似ているのですが、自律神経の乱れが睡眠に悪影響を及ぼし、寝るのが怖いと思わせることがあります。自律神経が乱れている場合は寝つくまでに時間がかかることもありますし、眠ってもすぐ起きてしまうなど睡眠が浅くなることもあります。

自律神経が乱れていると夜中に何度も起きてしまうこともあり、それがストレスになって更に自律神経が乱れてしまう可能性もあります。まずは、自律神経をしっかり整えてあげることを意識すれば、寝ることで疲れたり寝るのが怖いと思うようなこともなくなります。

自律神経の乱れは生活習慣の乱れやストレスなど様々な原因があるので、自分で改善できることは自分で改善し、どうしても良くならない場合は医師に相談してください。

 

寝るのが怖いという気持ちは、睡眠に原因があるものと、翌日の不安や体調など、睡眠以外のことに原因があるものがありました。

睡眠の質を高めるためにも、まずは眠ることそのものの恐怖心をなくすために、好きなことをしてから眠るのが良いでしょう。眠るためにはスマートフォンやパソコンは避けるべきですが、その他のことでほど良く体を疲れさせ、寝るのが怖いと感じる前に眠りに入れるような体の状態を作っていってくださいね^^

 

まとめ

寝るのが怖い…寝る前の恐怖の原因とぐっすり寝る方法
・ 寝ると怖い夢を見てしまうから
・ 不眠症でなかなか寝つくことができない
・ 翌日が来て欲しくないという気持ちがある
・ 自律神経が乱れている


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

    • 匿名
    • 2017年 3月 02日

    解決してへんやん

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 睡眠時間を短縮しても睡眠不足にならない7つのコツ 睡眠時間を短縮しても睡眠不足にならない7つのコツ
  2. すぐ寝る方法を教えて!寝る前に試したい7つの裏ワザ すぐ寝る方法を教えて!寝る前に試したい7つの裏ワザ
  3. 睡眠時間が5時間だと悪影響!?睡眠不足で表れる5つの症状 睡眠時間が5時間だと悪影響!?睡眠不足で表れる5つの症状
  4. お風呂で寝るのは超危険!?原因と眠気を抑える6つの方法 お風呂で寝るのは超危険!?原因と眠気を抑える6つの方法
  5. おねしょ布団をあっという間に処理できる秘密の洗濯法5つ おねしょ布団をあっという間に処理できる秘密の洗濯法5つ
  6. 一日中寝るのは病気!?寝る前に知りたい6つの原因と対処法 一日中寝るのは病気!?寝る前に知りたい6つの原因と対処法
  7. コンタクトをつけたまま寝る前に!失明に繋がる4つのリスク コンタクトをつけたまま寝る前に!失明に繋がる4つのリスク
  8. こたつで寝る前に必ずチェック!命に関わる7つのリスク こたつで寝る前に必ずチェック!命に関わる7つのリスク

Facebok

PAGE TOP
Top