寝ることに関する雑学

睡眠のゴールデンタイムに新説誕生!?質の良い睡眠のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
睡眠のゴールデンタイムに新説誕生!?質の良い睡眠のコツ

睡眠のゴールデンタイムに新説誕生!?質の良い睡眠のコツ

「睡眠のゴールデンタイム」ってご存知ですか?ゴールデンタイムに寝ると成長ホルモンが分泌され、「疲労回復」「美肌になる」「太りにくくなる」などの様々な身体にうれしい効果があります。

以前は睡眠のゴールデンタイムは22時から2時までの4時間だと言われていました。実は正確に言うとこれは間違いであることが明らかになり、「新しい睡眠のゴールデンタイム」が出来てきているんです!では、新しい睡眠のゴールデンタイムとは、いったい何なのでしょうか?

今回は、新しい睡眠のゴールデンタイムについてお伝えします。

 

 

睡眠のゴールデンタイムに新説誕生!?
質の良い睡眠のコツ

 

新しい睡眠のゴールデンタイムは入眠後3~4時間


これまで22時から2時までの睡眠が睡眠のゴールデンタイムと言われていましたが、これは昔の日本人の生活スタイルに合わせた睡眠のゴールデンタイムです。

現在の日本人では22時に布団に入れるという人は、どちらかというと少数派です。早寝早起きをすることは体に良いことであるので、22時に寝るのはベストなことだと言えますが、浅い睡眠をとらずに質の高い睡眠をとり、入眠後3~4時間後に深い眠りに入ることができていれば、睡眠のゴールデンタイムの効果は充分に期待できます。

 

睡眠のゴールデンタイムを活かすためには準備が大切


睡眠のゴールデンタイムを活かすことは身体のためにも良いですが、逆に睡眠不足は肌荒れなどの悪い影響を与えてしまいます。そして、睡眠のゴールデンタイムを意識して早く布団に潜ったからといって、睡眠の質が低いと必ずしも睡眠のゴールデンタイムを活かすことができるとは限りません。

睡眠のゴールデンタイムの効果を高めたい場合には、質の良い睡眠をとるための準備をすることが大切です。そのためには、温かいココアや白湯を飲んだり、半身浴をして体を温めるなど、スムーズに睡眠に入れるような工夫をする必要があります。

良い睡眠をとるための工夫によって、入眠後3~4時間経つころには、睡眠のゴールデンタイムの効果がきちんと働いてくれるでしょう。

 

 

睡眠のゴールデンタイムは身体に嬉しい効果がいっぱい!


そもそも、よく聞く睡眠のゴールデンタイムとはどんなものであるのか、同じように眠っている他の時間と比べて何が良いのか具体的なイメージがわかない方もいらっしゃると思います。

睡眠のゴールデンタイムである入眠してから約3時間後は、成長ホルモンが大量に分泌される時間であり、その成長ホルモンの分泌が身体には非常に重要な役割を果たしてくれます。睡眠のゴールデンタイムでは筋肉や骨が修復されたり、免疫力を高めてくれたり、肌のターンオーバーが活発になったりします。更に、睡眠のゴールデンタイムに良い睡眠をとることで脂肪燃焼効果も高まるので、肌を綺麗にしてくれるだけでなくダイエット効果も高めてくれるのです。

したがって、睡眠のゴールデンタイムは美容や健康にとても嬉しい効果があるものだと言うことができます。

 

効果を最大限発揮するには規則正しい生活習慣が重要


睡眠のゴールデンタイムの時間は入眠後3~4時間頃ですが、何時に寝ても質の良い睡眠はとれる訳ではありません。毎日の睡眠の中でより質の高い睡眠のゴールデンタイムを迎えるために、以前言われていた22時に布団に入り、1時から2時頃に睡眠のゴールデンタイムを迎えるのは理想的なことだと言えます。

毎日寝る時間や睡眠時間がバラバラだと、睡眠の質に悪い影響を与えてしまいます。そうなると日中眠くなってしまったり、せっかくの睡眠のゴールデンタイムの時間に眠りが浅くなり、良い効果がなかなか得られません。

普段の生活を規則正しく送ることが、睡眠のゴールデンタイムを充実させるためのコツです。

 

健康や美容の効果を高めるためにも睡眠を見直すことが大切


最近、身体の調子が悪かったり、肌荒れに悩んでいたり、ダイエットが上手くいかないという人は、毎日の睡眠をおろそかにしていませんか?健康や美容に気を遣って努力しているのになかなか成果が目に見えないという方は、睡眠のゴールデンタイムを有効に使えていないことが原因かもしれません。

睡眠のゴールデンタイムはただ疲れを回復してくれてだるさをなくしてくれるだけでなく、健康や美容にもとても良いものだということを意識すると、もっと睡眠を大切にできるかもしれません。普段の睡眠をしっかりと見直し、質の高い睡眠をとれるようにしてみてくださいね^^

 

睡眠のゴールデンタイムの新しい定義は、「眠りに入ってから3~4時間後」ということをお伝えしました。また、同じゴールデンタイムでも睡眠の質によって効果に大きな違いが出ることも明らかになりましたね。

睡眠のゴールデンタイムにしっかり睡眠をとり、健康や美容の効果を高めることはアンチエイジングとしても良い効果があります。年齢を重ねると体の調子が悪くなってきたり肌のハリもなくなってきますが、睡眠のゴールデンタイムを上手に使うことで、外見はもちろん身体の中まで若く美しくあり続けることを目指してみてください。

 

まとめ

睡眠のゴールデンタイムに新説誕生!?質の良い睡眠のコツ
・ 新しい睡眠のゴールデンタイムは入眠後3~4時間
・ 睡眠のゴールデンタイムを活かすためには準備が大切
・ 睡眠のゴールデンタイムは身体に嬉しい効果がいっぱい!
・ 効果を最大限発揮するには規則正しい生活習慣が重要
・ 健康や美容の効果を高めるためにも睡眠を見直すことが大切


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 食べてすぐ寝る前にチェック!寝る前の食事の6つのリスク 食べてすぐ寝る前にチェック!寝る前の食事の6つのリスク
  2. 裸で寝る前に!メリットデメリットを理解し快適に寝る方法 裸で寝る前に!メリットデメリットを理解し快適に寝る方法
  3. 睡眠時間を短縮しても睡眠不足にならない7つのコツ 睡眠時間を短縮しても睡眠不足にならない7つのコツ
  4. お風呂で寝るのは超危険!?原因と眠気を抑える6つの方法 お風呂で寝るのは超危険!?原因と眠気を抑える6つの方法
  5. 寝る方角で運勢が変わる!?運気を上げる9つの寝る方法 寝る方角で運勢が変わる!?運気を上げる9つの寝る方法
  6. すぐ寝る方法を教えて!寝る前に試したい7つの裏ワザ すぐ寝る方法を教えて!寝る前に試したい7つの裏ワザ
  7. 寝るときの髪が一番傷みやすい!?ダメージを軽減して寝る方法 寝るときの髪が一番傷みやすい!?ダメージを軽減して寝る方法
  8. 睡眠時間が長いのはなぜ!?原因と質の良い睡眠をとる方法 睡眠時間が長いのはなぜ!?原因と質の良い睡眠をとる方法

Facebok

PAGE TOP
Top