[続きを読む…]"> コンタクトをつけたまま寝る前に!失明に繋がる4つのリスク|グッスリ!! [続きを読む…]" >
寝ることに関する雑学

コンタクトをつけたまま寝る前に!失明に繋がる4つのリスク

コンタクトをつけたまま寝る前に!失明に繋がる4つのリスク

コンタクトをつけたまま寝ちゃった・・・なんてこと、コンタクトをしているひとなら1度や2度、経験があるのではないでしょうか。「つけたまま寝るのはいけない」となんとなくわかっていても、実際に何がいけないのかは意外と分からないですよね。

実は、コンタクトレンズをつけたまま寝ると、様々なリスクが発生するんです。中には失明に繋がる最悪なものも・・・

今回は、コンタクトをつけたまま寝ることによって引き起こされる、4つのリスクをお伝えします。

眼球に傷がつく

人は、起きているときはまばたきをしています。それによって、コンタクトレンズは潤いを保っています。

しかし寝ている間は目が閉じられたまま。そうすると、コンタクトレンズが目の中で乾いてしまいます。乾いたレンズは、目にとって明らかな異物です。ですので、乾いたレンズが角膜と擦れると、そこに傷が発生してしまいます。

眼球の傷が原因で引き起こされる病気もあるので、様々なリスクが発生することになります。

 

アカウントアメーバ角膜炎になる

アカントアメーバとは、ゾウリムシやミドリムシと同じ小さな原生動物です。空気中や水道水の中にも住んでいます。私達の身の回りに普通にいる原生生物なのです。

このアカウントアメーバが原因で、目の感染症を引き起こすことがあります。このように聞くと、とてもこわい生物のように思いますが、通常は、アカントアメーバが感染症を引き起こすことはありません。人間の免疫システムによって、繁殖が防がれているためです。

ところが角膜にキズがつくと、アカントアメーバがそこから侵入してしまいます。アカントアメーバの数が何十万、何百万と増えると、感染の可能性が出てきます。

洗浄の不十分なコンタクトレンズを使っていると、アカウントアメーバが増殖してしまいます。この増殖を防ぐために「こすり洗い」と「ケース交換」が必要となるのです。

しかし、睡眠時コンタクトを外し忘れてしまうと、洗浄が不十分になってしまい、アカウントアメーバが増殖してしまう可能性があります。このアカウントアメーバに感染してしまうと、治療は困難です。もし治ったとしても、大幅に視力が低下してしまいます。

 

 

角膜潰瘍になる

角膜潰瘍は、眼球の傷で引き起こされます。

もともとは、外傷やヘルペス、細菌、真菌(カビ)、アメーバなどによる感染が主な原因です。このほかに、免疫反応の異常による場合、酸やアルカリが目に入って起こる場合、また糖尿病の合併症で知覚神経が障害されて起こることもあります。

しかし、コンタクトレンズが原因で、角膜潰瘍が引き起こされることがあります。特に、コンタクトレンズをつけたまま眠った場合や、レンズの消毒が不十分な場合は要注意です。

コンタクトレンズをつけたまま寝ると、眼球に傷がつきやすく、細菌に感染しやすくなってしまうため、このような病気にもなりやすくなってしまうのです。

 

目が酸素不足になる

コンタクトを外さずに寝てしまうと、角膜が酸素不足になってしまいます。角膜は、空気中の酸素をダイレクトに取り込むか、涙に乗って運ばれてきた酸素を吸収することで、呼吸をしています。ということは、眠っている間は目を閉じているため、そのうえコンタクトレンズが角膜を覆っているという状態では、角膜はほとんど呼吸できていないということになります。

ハードコンタクトレンズであれば、もともと酸素透過性が高いため、目が酸素不足に陥いることもありません。気をつけてほしいのが、ソフトコンタクトレンズの場合です。ソフトコンタクトレンズを付けたまま寝ると、レンズが乾き、周りの水分の大部分を吸い取ってしまいます。眼球上に涙がなくなると涙による酸素の運搬ができず、角膜が酸素不足になってしまいます。

角膜が酸素不足になるとどうなるのでしょうか?生き物は、酸素がないと生きていけません。それは角膜も同様です。角膜の中には、「角膜内皮細胞」という細胞があります。角膜に充分な酸素が行き届かなくなると、この細胞の減少を促進させてしまうのです。

角膜内皮細胞は一度失われてしまうと二度と再生しません。もともと角膜細胞は、加齢と共にゆるやかに減少していくものですが、コンタクトレンズの不適切な使い方が、その減少速度を速めてしまうのです。

角膜内皮細胞は、目の呼吸や代謝をしています。これが少なくなると、視界が悪くなります。また、将来的に白内障の手術を受けることができなくなってしまいます。

 

コンタクトをつけたまま寝ることによって引き起こされる、4つのリスクをお伝えしました。最悪の場合、失明に繋がってしまうものもあるので、コンタクトの使用法には十分気をつけたいですね。

コンタクトレンズは寝る前に必ず外すようにして、大切な目を病気から守ってあげてください^^

まとめ

コンタクトをつけたまま寝る前に!失明に繋がる4つのリスク
・ 眼球に傷がつく
・ アカウントアメーバ角膜炎になる
・ 角膜潰瘍になる
・ 目が酸素不足になる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグッスリ!!をフォローしよう!

同じカテゴリーの記事