[続きを読む…]"> 寝るときの髪が一番傷みやすい!?ダメージを軽減して寝る方法|グッスリ!! [続きを読む…]" >
寝ることに関する雑学

寝るときの髪が一番傷みやすい!?ダメージを軽減して寝る方法

寝るときの髪が一番傷みやすい!?ダメージを軽減して寝る方法

「髪のケアは寝る前が一番重要!」という話を良く聞くので、寝る前に入念にケアされている方も多いですよね。しかし、本当に寝る前のケアだけで大丈夫なのでしょうか?

実は、髪は寝るときの枕や布団との摩擦でも痛んでしまうんです!今のまま寝続けていると、知らず知らずのうちにパサパサでボサボサな髪になってしまうかも・・・

今回は、寝るときに髪のダメージを小さくする方法と、寝る前のケア方法についてお伝えします。

髪は乾かしてから寝る

寝るときに髪を乾かすことで、髪の傷みを防ぐとともに翌朝の寝癖を防ぐことができます。

髪は自然乾燥だと傷みやすくなってしまうので、ドライヤーでしっかり乾かしてから寝るようにしましょう。また、寝るときに髪が乾いていない状態でついてしまった寝癖はとても頑固なので、ワックスなどやストレートスプレーを使ってもなかなか元に戻りません。ロングヘアなら髪を結んでごまかせることもありますが、ごまかしのきかない部分やショートヘアの場合は寝癖を直すのが本当に大変です。

翌日の寝癖をつけないためにも髪を傷めないためにも、寝るときはしっかり髪を乾かすことをおすすめします。

 

ヘア用美容オイルをつける

寝る前にヘア用美容オイルをつけてから寝ることで、髪の傷みを軽減し髪を綺麗に保つことができます。美容オイルの効果は髪がパサパサになったり、起きたときにボサボサになることをある程度防いでくるんです。

特に注意して欲しいのは、カラーリングをしている方や縮毛矯正・パーマをかけている方です。これらを行っていると既に髪が痛んでいる状態ですので、ヘア用美容オイルでしっかりとケアしていきましょう。

 

髪の毛を枕の後ろに流す

寝るときに不安なことの一つに、寝返りを打ったときに髪の毛が摩擦を起こしてダメージを受けてしまう、という点があります。これを防ぐためには、髪の毛同士がぶつかりあい、摩擦を受けることを避けることが挙げられます。

摩擦を受けないようにするためには、寝るときに髪を全て枕の後ろに流すのがおすすめです。枕の後ろに流すことによって、寝るときに無意識にからだを左右に動かすことがあっても、髪がからだと一緒に流れることなく中心に留まってくれます。これにより普段よりも髪の毛同士の摩擦が起こりにくくなり、ダメージを小さくできるのです。

 

 

髪を両サイドに三つ編みにして前に持ってくる

両サイドに三つ編みにして前側に持ってくることによって、寝るときの髪のダメージを少なくすることができます。こちらの方法も髪の摩擦を起こりにくくすることができるのです。

三つ編みにして寝るときのポイントは、ゆるめに編むことです。三つ編みにすると髪にウエーブがかかりやすくなるので、あまりにもきつい結び方をすると変な癖がついてしまうこともあるのです。ゆるめの三つ編みは髪のダメージを防止するとともに、翌日の髪のセットを簡単にしてくれます。

 

髪を片側に結んで前に持ってくる

髪を一つ結びにするのも、髪のダメージを進行させないためにおすすめの方法です。片側に結ぶときはゆるめに結び、前に持ってくるようにしましょう。こうすることによって、からだが左右に揺れても、前に持ってきた髪が摩擦を起こす可能性はかなり低くなります。

 

髪を後頭部の下側に持っていかないことが重要

寝るときは髪を後頭部の下側に持っていかないことが重要です。なぜなら、自分の体重がかかることによって、髪が枕と後頭部の間で摩擦を起こし、傷んでしまう可能性を高めるからです。

寝るときの髪はできるだけ枕の前か後ろに持っていくように意識することで、髪の傷みの進行を遅らせることができます。寝やすい体勢には個人差がありますので、自分なりの寝やすい方法で、髪の摩擦を少なくしていってください。

 

寝るときは意外と髪を傷めやすく、寝る前にきちんとした配慮が必要なんですね^^これらの方法を実践することで、傷みが少ないサラサラヘアをキープすることができます。

起きているときだけでなく寝ているときにもきちんと気を遣ってあげて、夢のさらさらヘアを目指しましょう!

まとめ

寝るときの髪が一番傷みやすい!?ダメージを軽減して寝る方法
・ 髪は乾かしてから寝る
・ ヘア用美容オイルをつける
・ 髪の毛を枕の後ろに流す
・ 髪を両サイドに三つ編みにして前に持ってくる
・ 髪を片側に結んで前に持ってくる
・ 髪を後頭部の下側に持っていかないことが重要

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグッスリ!!をフォローしよう!

同じカテゴリーの記事