寝ることに関する雑学

食後に寝るのは体に毒!?食べてすぐ寝ることがダメな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
食後に寝るのは体に毒!?食べてすぐ寝ることがダメな理由

食後に寝るのは体に毒!?食べてすぐ寝ることがダメな理由

食後はついウトウトとして、いつの間にか寝てしまっていた、なんてことがありますよね。食後にすぐに寝る行為は、実は体に良くないどころではなく、数多くのデメリットをもたらしてしまうんです!それはいったいなぜなのでしょう。

そもそも、食後すぐに眠くなってしまうのはなぜなのでしょうか?食べ物が消化される際、体のなかではどのようなことが行われているのでしょうか。

まずは、消化・吸収がスムーズにいくように、胃腸への血流量が増加します。そのため、逆に脳へ流れる血流の量は、低下してしまいます。また、食事の後は血糖値が上がります。この上がった血糖値を下げるため、すい臓からインスリンが分泌されます。そして、このインスリンの働きにより、食事のあとに上昇した血糖値は、低下していきます。しかし、血糖値が下げられることで、脳への糖分の補給が充分ではくなる可能性があります。このことにより、脳の働きが鈍ってしまうので、眠くなってしまうのです。

また、なんらかの理由でインスリンの働きが弱っている場合、細胞がブドウ糖をエネルギーとして利用しにくくなるため、細胞がエネルギー不足になったり、それに伴い血液中にブドウ糖が増えすぎると、代謝のバランスが崩れてしまいます。そのようなことも、眠気やだるさを引き起こす原因です。

また、なんらかの病気が隠れている可能性もあるようです。あまりにもひどい眠気が続くようであれば、お医者さんに見てもらうことも考えたほうがいいかもしれません。

食後は眠くなるのだから、そのまま寝てしまっても、体のためにはそれほど悪くはないようにも感じますよね。それなのに、なぜ食後すぐに寝てしまうと良くないのでしょうか。その理由を4つお伝えします。

 

 

食後に寝るのは体に毒!?
食べてすぐ寝ることがダメな理由

 

逆流性食道炎が悪化する可能性がある


食後すぐに横になると胃酸が逆流しやすくなります。普通の人であれば、それほど問題はないのですが、逆流性食道炎の症状を持つ人が、食後すぐに横になると、胃酸が逆流することにより、食道炎が悪化してしまう可能性が高くなるのです。

また、逆流性食道炎が悪化し、慢性化すると、食道がんのリスクまでもが高まってしまいます。

 

脳卒中などのリスクが高まる


食後に眠気が起こる理由は、先ほども述べたように、消化のために血流が、胃や腸に集中するためです。そのため、食後は脳の血流が少ない状態になっています。つまり、脳の活動が低下した状態にあるわけです。その状態で寝てしまうと、本来細胞に必要な、酸素や栄養素が脳に行き届かないため、脳梗塞に近い状態を引き起こしてしまいまうのです。

また、夕食後1時間以上あけてから就寝する人は、食後すぐに就寝する人に比べ、脳卒中を引き起こすリスクが66%も低くなることが、調査により明らかになりました。脳卒中を起こすまではいかなくとも、食後に睡眠をとることが、脳への負担を大きくしていることは確かです。

 

 

太りやすい体質になってしまう


人は寝ている間に、脳から成長ホルモンが分泌されています。成長ホルモンは、脂肪分解の作用をもたらします。しかし食後は、エネルギーの摂取が多量であるため、成長ホルモンによる脂肪の分解が、追いつかないのです。

夕食後の満腹状態のままに眠ってしまうと、成長ホルモンによって分解されなかった分の脂肪は、そのままの形で体内に取り入れられてしまいます。よって、食後すぐの睡眠は、太りやすい体質を作ってしまうことになります。

食後すぐの睡眠は、ダイエットの大敵ですね。

 

睡眠の質が低下する


食後すぐに、胃腸は消化活動を開始します。そのため、食後すぐの時間は、消化の真っ只中にあります。胃や腸などの内臓は、活動の真っ最中なのです。

胃腸が活動を行っている間は、脳は眠っているかもしれませんが、臓器は起きている状態にあります。そのため睡眠は浅くなり、寝ていても疲れが取れにくく、その上胃腸に負担をかけることにもなってしまいます。

質の良い睡眠をとるためには、食後2時間から3時間あけて、眠りにつくのがベストです。

 

食後すぐに寝ることによるデメリットとして、4つの理由をお伝えしました。

食後すぐに眠ってしまうことと同様、食後すぐに動くこともあまり良くありません。食後は自分の好きなことをしてリラックスすると、その後の活動にもハリが出てくるのでおすすめです。これらのことを意識しながら、食後の過ごし方を変えてみると、体調がスッキリとしていきますよ!

 

まとめ

食後に寝るのは体に毒!?食べてすぐ寝ることがダメな理由
・ 逆流性食道炎が悪化する可能性がある
・ 脳卒中などのリスクが高まる
・ 太りやすい体質になってしまう
・ 睡眠の質が低下する


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 食べてすぐ寝る前にチェック!寝る前の食事の6つのリスク 食べてすぐ寝る前にチェック!寝る前の食事の6つのリスク
  2. 裸で寝る前に!メリットデメリットを理解し快適に寝る方法 裸で寝る前に!メリットデメリットを理解し快適に寝る方法
  3. 寝る方角で運勢が変わる!?運気を上げる9つの寝る方法 寝る方角で運勢が変わる!?運気を上げる9つの寝る方法
  4. 寝る前に筋トレは逆効果!?効果的に行うための5つのコツ 寝る前に筋トレは逆効果!?効果的に行うための5つのコツ
  5. 一日中寝るのは病気!?寝る前に知りたい6つの原因と対処法 一日中寝るのは病気!?寝る前に知りたい6つの原因と対処法
  6. 睡眠時間が長いのはなぜ!?原因と質の良い睡眠をとる方法 睡眠時間が長いのはなぜ!?原因と質の良い睡眠をとる方法
  7. 寝るときの髪が一番傷みやすい!?ダメージを軽減して寝る方法 寝るときの髪が一番傷みやすい!?ダメージを軽減して寝る方法
  8. こたつで寝る前に必ずチェック!命に関わる7つのリスク こたつで寝る前に必ずチェック!命に関わる7つのリスク

Facebok

PAGE TOP
Top