寝ることに関する雑学

睡眠時間が5時間だと悪影響!?睡眠不足で表れる5つの症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
睡眠時間が5時間だと悪影響!?睡眠不足で表れる5つの症状

睡眠時間が5時間だと悪影響!?睡眠不足で表れる5つの症状

日々の仕事や試験勉強、趣味などの好きなことに時間を使い、ついつい睡眠時間を削ってしまうと、翌朝起きるのがつらいですよね。日中も頭がボーっとしてしまいがちになります。

実は、世の中の9割の人は、睡眠時間が5時間以下になると、心とからだに重大なリスクを負うことになるんです!最悪の場合、まったく眠っていないのと同じ状態になることも・・・

今回は、睡眠時間が5時間以下のときに発生する症状についてお伝えします。

 

 

睡眠時間が5時間だと悪影響!?
睡眠不足で表れる5つの症状

 

肌が老化するのが早くなる


肌が老化していくのは怖いことですよね。できるだけ肌の老化を遅らせるために、肌に良い化粧品を使ってケアをしている方もいらっしゃると思います。

しかし、どんなに良い化粧品を使っていても、残念ながら睡眠不足による肌の老化は化粧品の効果に勝ってしまうのです。睡眠時間が5時間以下という状態だと、たいていの人は睡眠不足に陥り、肌の老化を早めてしまいます。

効果の高い化粧品でケアをするのも大切なことですが、まずは睡眠をしっかりとり、それに併せて肌のアンチエイジングを行っていくことが大切です。

 

累積疲労が溜まりやすくなる


睡眠時間が5時間以下しかないと、累積疲労が溜まりやすくなります。累積疲労というのは、からだの疲れが心の疲労にもなってしまうものです。疲労が溜まると毛細血管やリンパ管が詰まりやすくなり、脳や胃腸にも悪影響を及ぼします。脳への影響により神経も打撃を受け、心の病気を発症するリスクが高まってしまうのです。

心の疲れは過労死の原因となる可能性のある見過ごせないものです。普段よりも心が疲れていると感じたら、ストレス解消の前に十分な睡眠をとることをおすすめします。

 

 

うつ病のリスクが高まる


睡眠時間が5時間しかない状態が続くと、うつ病のリスクが高まります。睡眠不足になると十分なストレスも解消されず、疲れも残ります。そして、眠気によってあらゆる意欲が低下してしまいます。そのような状態になることが頻繁にあると、自律神経の乱れにも繋がります。自律神経の乱れはうつ状態になることにも関係しているので、結果的にうつ病を患うことになってしまうのです。

現在、うつ病を患っている方や、うつ状態が頻繁に起こる場合、その原因は精神的なところからきているのではなく、意外とライフスタイルの中にあるのかもしれません。

 

5時間睡眠は徹夜と同じ状態!?


睡眠時間は6時間以下だと、徹夜をしているのと同じ状態だと言われています。つまり、5時間睡眠も徹夜と同じ状態になっているのです。徹夜した次の日は眠さによってミスが増え、判断力が鈍くなったり作業効率が落ちたりします。睡眠時間が普段から5時間以下だという人は、常に徹夜状態であると考えると怖いですよね。

作業効率が落ちるということは、仕事の効率が落ちて残業時間を増え、結果的に睡眠時間が削られる、という悪循環を繰り返していることにもなります。夜は睡眠時間をしっかりと確保して、日中を元気に過ごせるようにしましょう^^

 

5時間睡眠でも大丈夫なショートスリーパーは、生まれつきの少数派


中には5時間以下の睡眠時間でも睡眠不足にならない人もいます。睡眠時間が短くても問題のない人はごく少数派で、「ショートスリーパー」と呼ばれます。ショートスリーパーは、短時間睡眠を繰り返すなどの生活リズムを作ることでなれる訳ではなく、生まれつきの体質です。したがって、普段から短時間の睡眠で十分な人はまだしも、6~8時間寝てからだの状態がちょうど良い人が睡眠時間を5時間にしてしまっても、ショートスリーパーにはなれないのです。

「5時間睡眠に慣れれば、睡眠時間が短くても大丈夫!」と思っていても、疲れは無意識のうちに溜まっていきます。周りでショートスリーパーの人がいたとしても、自分がショートスリーパーでない場合は、自分にぴったりの睡眠時間を確保するようにしてくださいね^^

 

睡眠時間が5時間以下しかないと、健康上の問題を引き起こしたり日中の活動が鈍くなるなど、様々な悪影響が出てきてしまいます。生まれつきのショートスリーパーを除く全ての人は、睡眠時間が5時間以下しかないことでこれだけの症状に悩まされることになるのです。

自分にぴったりの睡眠時間を確保し、毎日を健康で明るく過ごしていきましょう!

 

まとめ

睡眠時間が5時間だと悪影響!?睡眠不足で表れる5つの症状
・ 肌が老化するのが早くなる
・ 累積疲労が溜まりやすくなる
・ うつ病のリスクが高まる
・ 5時間睡眠は徹夜と同じ状態!?
・ 5時間睡眠でも大丈夫なショートスリーパーは、生まれつきの少数派


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 睡眠のゴールデンタイムに新説誕生!?質の良い睡眠のコツ 睡眠のゴールデンタイムに新説誕生!?質の良い睡眠のコツ
  2. すぐ寝る方法を教えて!寝る前に試したい7つの裏ワザ すぐ寝る方法を教えて!寝る前に試したい7つの裏ワザ
  3. 寝る前に食事をとることで引き起こされる7つのリスク 寝る前に食事をとることで引き起こされる7つのリスク
  4. お風呂で寝るのは超危険!?原因と眠気を抑える6つの方法 お風呂で寝るのは超危険!?原因と眠気を抑える6つの方法
  5. 寝るときの髪が一番傷みやすい!?ダメージを軽減して寝る方法 寝るときの髪が一番傷みやすい!?ダメージを軽減して寝る方法
  6. 寝るのが怖い…寝る前の恐怖の原因とぐっすり寝る方法 寝るのが怖い…寝る前の恐怖の原因とぐっすり寝る方法
  7. 食後に寝るのは体に毒!?食べてすぐ寝ることがダメな理由 食後に寝るのは体に毒!?食べてすぐ寝ることがダメな理由
  8. 一日中寝るのは病気!?寝る前に知りたい6つの原因と対処法 一日中寝るのは病気!?寝る前に知りたい6つの原因と対処法

Facebok

PAGE TOP
Top