[続きを読む…]"> 睡眠薬の種類で効く症状が違う?上手に使い質の良い睡眠を|グッスリ!! [続きを読む…]" >
寝れないときの対処法

睡眠薬の種類で効く症状が違う?上手に使い質の良い睡眠を

睡眠薬の種類で効く症状が違う?上手に使い質の良い睡眠を

眠れない日が続くと「睡眠薬を飲んだ方が良いのかな?」と思ってしまいますよね。不眠は心身共に辛くなるので、症状が続くようであれば医師に相談し睡眠薬を処方してもらうことも改善策の1つです。

しかし、服用には依存性や中毒性などのマイナスイメージがあり、使うのに抵抗がある方も多いようです。一方でこの睡眠薬、自分に合ったものを正しく使えば睡眠をサポートしてくれます。

今回は、睡眠薬の種類や服用の際に注意することなどをお伝えします。

薬局で買える睡眠改善薬は睡眠薬とはまったく異なるもの

睡眠改善薬、もしくは睡眠補助薬と睡眠薬の違いって知ってますか?睡眠改善薬も一般的には睡眠薬と呼ばれることもあるので「どちらも同じじゃないの?」と考える方も多いようですが、この2つはハッキリと異なります。

まず、睡眠改善薬は一般医薬品で街の薬局での購入が可能なものを指します。この薬は忙しくて医師に相談する時間がない人や、眠れないことで病院に行くことに抵抗がある方などが使用する場合が多いようです。

睡眠改善薬の多くは、風邪薬やアレルギー改善薬などによく用いられている抗ヒスタミン剤が使われています。抗ヒスタミン剤は副作用として眠気を感じることがあり、この作用を利用したものが市販の睡眠改善薬なのです。抗ヒスタミンの中に含まれる、塩酸ジフェンヒドラミンが神経に作用することで眠気を誘いますが、何度も使用する内に効かなくなりやがて服用量が増えていくといったケースが多く見られます。更に服用をやめようとすると不安が襲って来たりイライラしたりと精神的に不安定になることもあります。

自分の判断で購入できるので手軽で非常に便利ですが、使用方法には十分に気を付けなければいけません。

 

寝つきが悪い人には「超短時間作用型」がおすすめ

そんな市販の睡眠改善薬では手に負えないほど重い症状の不眠になってしまってから、初めて医師に相談するといった方が多く見られます。この際、不眠の症状によって処方される薬も異なってきます。

寝つきが悪い人はまずは大半が「睡眠導入剤」を処方されます。睡眠導入剤は「超短時間作用型」という分類に分けられ、睡眠薬の中でも最も効き目が早いとされており30分から1時間程度で効いてきます。そのかわり効果がなくなるもの早く、大体2時間ほどで効果が薄れ始め4時間ほど経過したところで効果はなくなります。

寝つきが悪い方がこの薬を服用することで、早く寝付けるようになり睡眠をサポートすることを目的としています。しかし効果が切れるのが早いので、寝ていると何度も目が覚めてしまう中途覚醒や、早朝に目が覚める早朝覚醒にはこの種類の薬は不向きです。

 

「短時間作用型」も寝つきが悪いときに効果的

先ほど超短時間作用型の睡眠薬についてお伝えしましたが、同じように処方されるものに「短時間作用型」があります。

短時間作用型も同じく入眠障害で処方されることが多く、効果は1時間から3時間程度で発揮され、持続時間は薬によって異なりますが6時間から10時間ほどとなっています。そのため、超短時間作用型より少し効果が長く続きます。また効果がなくなるのが早いので、翌日に眠気を持ちこすことが少ない薬でもあります。

 

 

中途覚醒が多い方向けなのは「中等時間作用型」

入眠は比較的スムーズに行えるけど、どうしても夜何回も目が覚めてしまうといった中途覚醒の多い方には「中等時間作用型」の睡眠薬を処方されます。

中等時間作用型は1時間ほどで効果を発揮し始め、大体24時間前後で効果がなくなってきます。そのため、超短時間作用型や短時間作用型でカバーすることのできなかった時間帯の眠りをサポートするのに役立ちます。

 

「長時間作用型」は目覚ましより早く起きてしまう方におすすめ

いつも目覚ましより早く目が覚めてしまうといった方は「長時間作用型」の睡眠薬の処方が多く見られます。長時間作用型は2時間から3時間で効き始め効果は24時間以上となっており、入眠時以外の眠り全般をカバーすることができます。

しかしながら効果が持続するということは体内での薬物代謝時間がそれだけ遅いということでもあるので、体に負担がかかることもあります。高齢者や肝機能が弱くなっている方には負担が大きくなるので、あまりおすすめできない睡眠薬でもあります。

 

医師としっかり相談しながら服用を!

 さて、これまで睡眠薬の種類についてお伝えしてきましたが、不眠の状態により処方される薬は異なってきます。それぞれ効果を発揮するまでの時間や効果の持続時間が異なるため、医師に相談する際は不眠の症状を詳しく伝えることで自分に合った薬を処方してもらうことができます。

また睡眠薬も合う、合わないの相性がありますので効果が感じられなかった場合は遠慮せずに医師に伝えることが重要です。「いつか効くかも」といって飲み続けても、効果を発揮することはありません。また合わない薬を飲み続けることは体にとっても大きな負担となります。さらに睡眠薬を服用したことで体調の変化が起きた時は、場合によっては薬を変えた方が良い場合もありますので、その状況を詳しく医師に伝えましょう。

睡眠薬は自分の判断で乱用すると体の異変が起きたり命の危険に繋がる場合もあります。そのようなことを防ぐためにも、しっかりと医師を相談しながら服用してくことが大事です。

 

睡眠薬を服用する前に自分で眠れる環境づくりが大切

睡眠薬は正しく服用すれば効果を発揮する薬ではありますが、やはり薬を飲む前に自分で眠れる環境をつくることも大事です。特に生活習慣の乱れからくる不眠の場合は安易に睡眠薬を使うのではなく、まずは生活習慣の改善を試みてみましょう。

適度な運動や寝具、寝室の環境改善、そして日光を浴びて1日のメリハリをつくるなどちょっとの改善でも睡眠は大きく変わってきます。また寝る前のカフェイン摂取や喫煙、飲酒は睡眠の質を悪くしてしまうので極力控えるようにしましょう。さらに寝る前の考えごとも脳が活性化してしまい寝れなくなる原因です。寝る前はできるだけ考え事をしないように、自分の体の感覚や呼吸に意識を向けてあげるとよいでしょう。

 

睡眠薬といってもこれだけ多くの種類に分けられます。そして自分に合ったものを適切な量服用することで、睡眠が改善されることが期待されます。

しかし、一歩間違えれば体に害を与えるものになってしまう可能性もあるのです。まずは自分の生活を見直すこと。そしてそれでも改善が見込まれない場合は医師に相談してみましょう。

睡眠薬を効果的に服用し、快適な睡眠時間をお過ごしください^^

まとめ

睡眠薬の種類で効く症状が違う?上手に使い質の良い睡眠を
・ 薬局で買える睡眠改善薬は睡眠薬とはまったく異なるもの
・ 寝つきが悪い人には「超短時間作用型」がおすすめ
・ 「短時間作用型」も寝つきが悪いときに効果的
・ 中途覚醒が多い方向けなのは「中等時間作用型」
・ 「長時間作用型」は目覚ましより早く起きてしまう方におすすめ
・ 医師としっかり相談しながら服用を!
・ 睡眠薬を服用する前に自分で眠れる環境づくりが大切

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグッスリ!!をフォローしよう!

同じカテゴリーの記事