[続きを読む…]"> 寝起きの頭痛は何が原因?症状別の5つの対処法と予防法|グッスリ!! [続きを読む…]" >
寝起きが悪い

寝起きの頭痛は何が原因?症状別の5つの対処法と予防法

寝起きの頭痛は何が原因?症状別の5つの対処法と予防法

朝起きると、スッキリしているはずなのに、それどころか頭がズキズキと痛くなってしまう・・・・これでは睡眠時間をしっかりとっていたとしても、なかなか目覚めがスッキリしませんね。せっかくの1日のスタートも、どんよりとした気分で迎えなければならなくなってしまいます。

特に、大事な仕事や試合、デートなどの前には、そのような事態は避けたいですよね。そんなことにならないためにも、寝起きの頭痛の、原因別の対処法を 5つお伝えします。寝起きに頭が痛くなってしまう原因としては、様々な理由が考えられます。そしてその理由により、対処法も異なります。

偏頭痛によるものは生活リズムと食生活に気をつける

偏頭痛とは、脳の血管が拡張し、炎症を起こすことで起こる頭痛です。寝ている時は、副交感神経が優位に働きリラックス状態が促されるのですが、この副交感神経は、血管を拡張させる働きがあるため、寝ている間に偏頭痛を発生させやすい状態に陥ってしまうのです。なおこの偏頭痛は、女性に多いのが特徴です。

血管を余計に拡張させてしまう原因として、

・睡眠時間が足りないこと
・チョコレートや赤ワイン、柑橘類等の過剰摂取といった、食べ物に よるもの
・生理
・空腹
・生活のリズムの乱れ

などが挙げられます。これらにより、寝起きの際の偏頭痛がもたらされやすくなると考えられます。

では、偏頭痛による頭痛は、どのように対処すれば良いのでしょうか。偏頭痛は、血管の拡張によりもたらされるものなので、血管を収縮させることを意識した対策をとることです。それにはまず、痛むところは冷すことが有効です。そして、暗いところで安静にすると鎮まる場合が多いです。ただ、そのまま寝てしまうと、また痛みが発生してしまうため注意が必要です。

また、偏頭痛を予防するためには、

・生活のリズムを崩さないこと
・食べ物に気をつけること
・カフェインをとり、血管の拡張を抑えること

などを意識すると良いでしょう。

 

緊張型頭痛によるものは枕を見直してみよう

緊張型頭痛は、主に首や肩のコリによって引き起こされます。枕やマットレスなどの寝具を、あなたの体に合わないものを使い続けていると、コリが悪化してしまい、頭痛が引き起こされてしまうのです。重く締め付けられる痛みが続く場合は、緊張型頭痛が疑われます。

この緊張型頭痛の対処法は、入浴し、温まることです。偏頭痛の時とは逆に、温まることで、筋肉の緊張がほぐれ、痛みが和らぐと考えられます。

また、緊張型頭痛の予防として

・枕の高さを、自分に合った高さに変える
・目の使いすぎなど、コリを増長させることを行う際は、適度に休憩を挟みながら行う。
・ストレッチをする

などが有効です。

 

 

群発頭痛によるものはアルコールを控える

この群発頭痛は、季節の変わり目に頻発することが多いです。一度痛みが発生すると、しつこく続くていきます。症状は、片方の目の奥に、刺されたような鋭い痛みを感じることが特徴です。この群発頭痛、偏頭痛とは逆に、男性に多く見られるようです。

実はこの群発頭痛、原因がよくわかっていません。ただ、お酒を飲んだ後に発作が起こりやすいといわれています。原因がわかっていないものなので、自力で治すことがなかなか難しいため、群発頭痛が疑われる場合は、病院で見てもらうのが良いでしょう。しかし、正しい姿勢を意識したり、アルコールを控えたりといったことを行うことで、予防になるとは考えられます。予防を意識しつつ、病院に見てもらって下さい。

 

二日酔いによるものはスポーツ飲料で水分補給を

これは、割と経験した方が多い頭痛のひとつだと思います。二日酔いの際は、血管が拡張し、頭痛が起きているため、偏頭痛の時と同様、カフェインを摂取したり、冷したりすることが有効です。また、お酒を過剰に摂取したことによる、脱水が原因の場合も考えられるので、スポーツ飲料を摂取することも有効です。

そして、二日酔いの原因には、アセトアルデヒドが大きく関わっています。アセトアルデヒドを分解させる働きのあるものを摂取しましょう。しじみはその代表です。最近では、しじみエキスのようなものも売られていますので、活用してみることをおすすめします。

 

寝過ぎや寝不足によるものはシャワーを浴びよう

睡眠のリズムが崩れた際、交感神経と、副交感神経が混乱状態に陥ります。これにより、頭痛が引き起こされます。

しかし、この混乱状態は、時間の経過とともに元の状態に戻るので、それとともに頭痛もおさまっていきます。混乱状態は、シャワーを浴びることで、より早く落ちつきます。このとき、お湯の温度を40度以上にすると、効果的に混乱状態を抑えることができるのでおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか?

頭痛には、様々なタイプがあり、そのタイプを見分け、それぞれに応じた対処法を行うことにより、効果が発揮されます。頭痛が起きてしまうと、スッキリしない1日になってしまいがちですよね。しっかりと対策をして、スッキリとした毎日を過ごしましょう!

まとめ

寝起きの頭痛は何が原因?症状別の5つの対処法と予防法
・ 偏頭痛によるものは生活リズムと食生活に気をつける
・ 緊張型頭痛によるものは枕を見直してみよう
・ 群発頭痛によるものはアルコールを控える
・ 二日酔いによるものはスポーツ飲料で水分補給を
・ 寝過ぎや寝不足によるものはシャワーを浴びよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグッスリ!!をフォローしよう!

同じカテゴリーの記事