[続きを読む…]"> 妊婦はだるいし眠い・・・!異常に眠いときの理由と対処法|グッスリ!! [続きを読む…]" >
眠いときの目覚まし法

妊婦はだるいし眠い・・・!異常に眠いときの理由と対処法

妊婦はだるいし眠い・・・!異常に眠いときの理由と対処法

妊娠して妊婦になると、ふとした瞬間に急に眠くなってしまって大変ですよね。

妊娠とは、一人の人間の中に命が宿り、それを自らのからだの中で育んでいくことです。それは、とても大変なことです。妊娠をすると、からだの外側だけではなく、内側にも色々な変化が起こります。そして、その度合いは人それぞれで、妊娠初期であっても大変につらいものです。

そのひとつが眠気です。そこで、妊婦がなぜ眠い状態に悩まされるのか、そして、眠れない状況のときに、その眠気にどう対処したらいいのかを、お伝えします。

【眠くなる原因】 ホルモンの作用によるもの

妊娠すると、からだ内で、女性ホルモンが優位に働き始めます。その中の、黄からだから分泌されるプロゲステロンというホルモンが、眠気を誘っているのです。このプロゲステロンは、睡眠を促す作用を持っています。

プロゲステロンは、排卵後から徐々に増えていき、妊娠3か月頃までの間にかけて、大量に分泌されます。このホルモンにより、日中から強い眠気に襲われる、だるさ、頭痛、吐き気、ほてり、むくみ、便秘、肌荒れ、乳房痛、イライラなどを同時に生じさせることもあります。

妊娠初期の頃は、特にこのホルモンが大量に分泌されています。妊娠初期は、流産しやすく、また、胎盤を作ったり子宮を大きくしたりする大切な時期ですので、より身からだを安静にしようとしているのかもしれないですね。

 

【眠くなる原因】 妊娠時のからだ調の変化によるもの

妊娠中は、様々なからだ調の変化が起こります。そのためからだ調が不安定で、ストレスもたまりやすく、心身ともに疲れやすくなります。

特に、つわりがひどい場合や、だるさが抜けないときは、横になり、休む機会も増えていきます。横になると、自然と眠気は強まりますよね。そのため、妊娠中は眠いことが多くなってしまうのです。

 

【眠くなる原因】 食べ過ぎによるもの

妊娠中に眠くなる原因として、過食も挙げられます。特に妊娠中期は、安定期に入りつわりも収まることが多いため、今まで食べることができなかった分、反動で食べ過ぎてしまうことも多いです。

満腹になると、普通の時でも眠くなってしまうことが多いですよね。ただでさえ眠くなりやすい妊娠中です。ますます眠気を強く感じるようになってしまうのもうなずけます。

 

【眠くなる原因】 熟睡できないことによるもの

妊娠の初期のころは、眠くなりやすくなる、プロゲステロンが多く分泌していたのですが、プロゲステロンは、徐々に分泌量が減っていきます。それでも眠気は起こります。それはなぜなのでしょうか。

プロゲステロンが分泌しなくなる妊娠後期は、お腹が大きくなっています。仰向けに寝た状態では、内蔵が圧迫されて息苦しく感じてしまいます。また、横向きに寝ても腕がしびれてしまい、思うように眠れなくなります。また、膀胱も圧迫されるため、夜中におきてトイレに行く回数も増えがちです。さらに、寝ている間、お腹の中の赤ちゃんの動きが激しいと、敏感な妊婦さんは、それに反応して目が覚めてしまいます。それにより、夜の熟睡がさまたげられてしまいます。

熟睡できない日が続くため、日中の眠気が強まるのです。

 

しかし、仕事をしていたり、家に子どもがいたりすると、眠くても寝ていられないこともありますよね。そういったときは、眠気にどのように対処すればいいのでしょうか。

 

 

【眠気を覚ます方法】 からだを動かす

眠い以外に特に不調がないのであれば、眠気がおそってきたときに、からだを動かして、気分転換することがおすすめです。散歩をしたり、軽いストレッチをしたりすると、次第に眠気が収まってきます。 

また、近くにお出かけすることも効果的です。外に出かけると、少し眠気も紛れますよ^^

職場にいるときは、眠気がおそってきたタイミングで、席を立ち、飲み物を持ってきたり、トイレに行ったりすると、眠気が収まることもあります。

 

【眠気を覚ます方法】 家事は、朝のうちにすます

家事は、朝のうちにすませてしまうことをおすすめします。朝のうちに家事をすることで、生活にメリハリがつき、眠気も少し収まります。もちろんからだ調が第一ですので、無理せずに行いましょう。

 

【眠気を覚ます方法】 ガムを噛む

眠くなった時にガムを噛むと、だるさや眠気が和らいでいきます。何度も噛むことで、神経が刺激されるため、眠気を取り除きやすくなるのです。

 

【眠気を覚ます方法】 冷たい水で顔を洗う

冷たい水で顔を洗うと、顔の筋肉も引き締まりますし、冷たい水に触れることで、脳の刺激になり、目が覚めやすくなります。メイクをしていて顔を洗えないときは、冷たい水で絞ったタオルや、冷感シートなどを首筋にあてたり、おでこにあてたりすると、スッキリします。

顔や首周りが火照ることで、眠気を感じやすくなるので、熱を取り除くことで、眠気も和らぎます。

 

寝ていられないときに、眠気が覚める方法をご紹介しましたが、妊娠中の眠気は、からだを休めなさいというサインでもあります。もし状況が許すのであれば、眠いときは寝てしまい、適度な休息をとることも大切です。

 

眠気は、妊婦のからだや赤ちゃんにとって、大事なサインでもあります。なかなか眠れない状況のときもありますが、無理をせずに過ごすことが大切です。

睡眠が取れるときは十分にとるよう心がけましょう。そうした心がけは、お腹の赤ちゃんにとっても大切なことです。妊娠中の眠気と上手に付き合って、ステキなマタニティライフをお過ごしください^^

まとめ

妊婦はだるいし眠い・・・!異常に眠いときの理由と対処法
・ 【眠くなる原因】 ホルモンの作用によるもの
・ 【眠くなる原因】 妊娠時のからだ調の変化によるもの
・ 【眠くなる原因】 食べ過ぎによるもの
・ 【眠くなる原因】 熟睡できないことによるもの
・ 【眠気を覚ます方法】 からだを動かす
・ 【眠気を覚ます方法】 家事は、朝のうちにすます
・ 【眠気を覚ます方法】 ガムを噛む
・ 【眠気を覚ます方法】 冷たい水で顔を洗う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグッスリ!!をフォローしよう!

同じカテゴリーの記事