[続きを読む…]"> 昼間に眠いッ…!仕事中や授業中に眠いときの理由と対処法|グッスリ!! [続きを読む…]" >
眠いときの目覚まし法

昼間に眠いッ…!仕事中や授業中に眠いときの理由と対処法

昼間に眠いッ…!仕事中や授業中に眠いときの理由と対処法

しっかり寝たはずなのに、昼間になると眠くなってしまうと、「やりたいこと」や「やらなければいけないこと」になかなか集中できなくてつらいですよね。

実は、昼間に眠い状態になる理由は、日常の何気ない行動の中に隠れていることがほとんどなんです!そのまま放っておくと、眠い状態が慢性化したり、睡眠障害に発展してしまうことも・・・

今回は、昼間に眠い理由と、理由ごとの対処法についてお伝えします。

昼間に眠い人は意外と多い!?

昼間に仕事や勉強をしていて、「眠い・・・!」と思う人は、実は意外と多いんです。つい居眠りをしそうになることが頻繁にあり、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

昼間に眠いことに慣れてしまったり、周りも眠いと言っているとそれが普通のことのように思ってしまうかもしれませんが、実際は何らかの問題を抱えていることもあります。昼間に眠いと思うことの理由にはどんなことが考えられるのか知っておけば、昼間の眠気で生活に支障をきたすことも少なくなります。

 

生活習慣で睡眠の質が下がっている

日常の何気ない行動で睡眠の質が下がり、それによって昼間に眠くなる、というのが、昼間に眠い一番の理由です。私たちの日常生活の中には、睡眠を阻害する要素がたくさん含まれています。

例えば、寝る直前につい気になって見てしまうスマートフォンです。スマートフォンやPC、テレビなどの電子機器の光は、太陽と同じ効果があります。目から入った光の刺激は脳まで届き、脳が朝だと勘違いしてしまうのです。

他にも、タバコやアルコール、カフェインなどには浅い眠りである「レム睡眠」の時間を長くする、という副作用があります。たとえ同じ時間眠ったとしても、レム睡眠の時間が長ければ、睡眠の質は下がってしまうのです。

このように、私たちの生活の中には、睡眠の質を下げて昼間に眠い状態になる行動が溢れています。夜のプライベートな時間はついついスマートフォンやアルコールに手が伸びてしまいますが、試しに1週間くらいそれらの行動を控えることで、昼間に眠い状態を驚くほど解消できます。

 

 

ストレスで自律神経が乱れている

日常生活でのストレスが自律神経の乱れを生じさせ、昼間に眠い理由となることもあります。

現代人は、日常生活で様々な場面でストレスを受けているという研究結果があります。帰宅した後も翌日のことを考えてしまい、気が張った状態でなかなかリラックスできない、ということもありますよね。そのような心の状態は、夜によく眠れない理由を作ってしまうことにも繋がります。夜きちんと眠れなければ睡眠不足となり、昼間にその眠気が続いていきます。ストレスをすぐに解消することが難しい場合には、慢性的な睡眠不足となり、昼間に度々眠い状態になってしまう可能性もあります。

ストレスが理由の場合には、寝る前にリラックスした状態をつくり、入眠をスムーズにすることが効果的です。まずは寝る前に、好きなことを楽しむ時間をつくってみることから始めてみてください。好きなことでストレスを発散させることができます。また、事情を知っている人に話を聞いてもらうことで、ストレスの80%を軽減できる、という研究結果もあります。

 

ナルコプレシーである

「ナルコプレシー」は過眠症の一つで、起きて活動するために必要な2つのタンパク質である「ヒポクレチン」や「オレキシン」のうち、どちらか1つ、または両方が作られなくなってしまったために起こる睡眠障害です。ナルコプレシーになると、日中ずっと目を覚まして活動することが困難になるので、昼間に何をしていても眠い状態になり、最悪の場合無意識に居眠りをしてしまうことにもなるのです。

質の良い睡眠がとれていて、ストレスもそれほど感じていない場合、ナルコレプシーなどの睡眠障害の可能性が考えられます。睡眠障害は病院で検査・治療することができますので、心配な場合は医師の診察を受けることをおすすめします。

 

睡眠時無呼吸症候群である

「睡眠時無呼吸症候群」も昼間に眠い理由となることがあります。睡眠時無呼吸症候群になると、呼吸が止まった短時間の間は睡眠が阻害されることになり、それが睡眠の質を下げることになってしまうのです。

生活習慣を見直しても、朝起きたときにだるかったり、昼間に眠くなってしまう場合、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。ナルコレプシーの場合と同様、医師の診察を受けて治療することで、症状を改善することができます。

 

昼間の眠い状態には、日常生活に理由があるものと、睡眠障害に理由があるものの2つがありました。どちらもしっかりと対処することで、症状を改善することができます。

昼間に眠い症状を解消して、日中を活動的に過ごしましょう!

まとめ

昼間に眠いッ…!仕事中や授業中に眠いときの理由と対処法
・ 昼間に眠い人は意外と多い!?
・ 生活習慣で睡眠の質が下がっている
・ ストレスで自律神経が乱れている
・ ナルコプレシーである
・ 睡眠時無呼吸症候群である

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグッスリ!!をフォローしよう!

同じカテゴリーの記事