寝言

寝言への返事は睡眠不足の影響あり?会話してはダメな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
寝言への返事は睡眠不足の影響あり?会話してはダメな理由

寝言への返事は睡眠不足の影響あり?会話してはダメな理由

寝ている人がなにやら寝言を言っていたら、面白くてついつい返事をしてしまいますよね。実は寝言に対する返事は、寝ている人にとってさまざまなデメリットがあるって知ってましたか?

今回は、寝ている人の寝言に返事をしたらどうなるのか、ということについてご説明します。

 

 

寝言への返事は睡眠不足の影響あり?
会話してはダメな理由

 

寝ている人の睡眠の質を下げる


寝ている人がむにゃむにゃ寝言を言うのが面白くて、返事をしてみたらどうなるのかと思い、その内容に答えてみたことがあるという経験はありませんか?

実はこのむにゃむにゃと寝言を言う時は、睡眠が浅い状態になっています。寝言を言っている人には寝言を言っているという自覚はないので、寝ている人に向かって寝言の返事をすることは、寝ている人に話しかけるのと同じことにもなります。浅い睡眠の人に話しかけることによって、しっかりと眠りに入っていなかった相手の脳を覚醒させ、睡眠の質を下げることにも繋がります。

睡眠の質が下がってしまうことにより、翌日の日中に眠くなるという睡眠障害が起きたり、集中できなくなる原因にもなります。本人はきちんと睡眠をとっているつもりになっているので、なぜ自分が日中に眠くなってしまうのかがわからないということで悩んでしまうかもしれません。

寝言がどんなに面白くても、返事をするのは本人のためにもやめておいた方が良いでしょう。

 

寝言の返事が夢に取り込まれてしまう


寝言を言う時というのはほとんどの場合、夢を見ていることが多いです。睡眠が浅い状態の寝言では、周りの音が夢に取り込まれることもあります。

例えば、自分が寝ている部屋で先に起きている人がテレビをつけた時、そのテレビの内容が夢に取り込まれて、テレビに出ている人物や内容が夢に登場することもあります。寝言に返事をするというのは、それと同じことが起こります。寝ている人の寝言は夢の内容が元になっていることが多いので、その寝言に返事をすることで、その返事も夢に取り込まれます。

注意をしたいのは、それが悪夢であった場合です。時々寝ている人の表情で良い夢であるかがわかることもありますが、夢の内容は基本的にその夢を見ている人にしかわかりません。悪夢に面白半分に返事をしてしまうことによって、寝ている人のストレスを増やしてしまったり、起きた時に嫌な気分にさせてしまいます。

自分の言葉がどれだけ夢に影響を与えるのかがわからないので、寝言に安易に返事をするのは控えておいたほうが良いでしょう。

 

 

脳が休めなくなる


睡眠の質を下げることと関連することではあるのですが、寝言に返事をしてしまうと寝ている人の脳が休めなくなってしまう原因となります。

睡眠には浅い眠りで体は休んでいても脳は働いているレム睡眠と、深く眠り体も脳も休んでいるノンレム睡眠があります。夢を見ているのは浅い眠りのレム睡眠です。睡眠のサイクルとしてレム睡眠は10~20分程度だと言われていますが、寝言に返事をすることによって脳はその音を拾い、結果として睡眠のサイクルを壊してしまい脳は休めなくなってしまいます。

このことからも、寝ている人が寝言を言っていても返事をせずにそっとしておくべきだと言えます。

 

ノンレム睡眠のときは返事をしても大丈夫だが・・・


寝言には返事をしてはいけないと言われていますが、ノンレム睡眠の時には返事をしても大丈夫です。なぜなら、レム睡眠は脳が起きているのに対し、ノンレム睡眠では体だけでなく脳も深い眠りに入っているからです。しかし、ノンレム睡眠の場合は話しかけてもその返事に対して面白い回答が返ってくることはないでしょう。

また、ノンレム睡眠が深く眠っている状態だとは言っても、人間なのであまりにも寝ている人の周りで騒ぐと起きてしまいます。寝ている人が起きてしまえば、質の良い睡眠をとることは難しくなってしまいます。

更に、見た目だけではその人が今レム睡眠の状態であるのか、ノンレム睡眠の状態であるのかはわかりません。そういった意味で、寝ている人の寝言に返事をするのはやめておいた方が良さそうだと言えます。

 

寝ている人の寝言に返事をするのは、その人の睡眠を邪魔することにもなります。睡眠の質が悪いと翌日にも響くことになり相手の集中力を下げることにもなりかねないということを頭に入れて、睡眠の質に影響を与えないようにしましょう。

睡眠は心と体の疲れをとるためにも大切なものなので、寝ている人が寝言を言っていたとしてもそっとしてあげて、寝ている人の脳に影響を与えたり途中で起こしてしまうことのないように気を遣ってあげてください。返事をしなければ寝ている人は寝起きもスッキリ目覚めることができるはずです。

 

まとめ

寝言への返事は睡眠不足の影響あり?会話してはダメな理由
・ 寝ている人の睡眠の質を下げる
・ 寝言の返事が夢に取り込まれてしまう
・ 脳が休めなくなる
・ ノンレム睡眠のときは返事をしても大丈夫だが・・・


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebok

PAGE TOP
Top