[続きを読む…]"> カーテンの洗濯は実は簡単!?5つのおすすめの洗い方|グッスリ!! [続きを読む…]" >
おすすめ快眠グッズ

カーテンの洗濯は実は簡単!?5つのおすすめの洗い方

カーテンの洗濯は実は簡単!?5つのおすすめの洗い方

カーテンの洗濯って、洗い方や干し方、洗濯の頻度がわからなくて、ついついほったらかしにしてしまいがちですよね。実は、カーテンの洗濯は、ちょっとしたコツで自宅で簡単に行うことができるんです。中には、お気に入りのカーテンをより長持ちさせる裏ワザも・・・

今回は、カーテンの洗濯が自宅で簡単にできる5つの方法をお伝えします。

カーテンを自分で洗濯するときは、カーテンの素材を確認する

カーテンを洗濯してはみたものの、 縮んでしまったり、風合いが変わってしまったり、色落ちしてしまったり・・・あれ!?もとの形と違う!!となってしまうことも。いくら汚れが落ちてもこれでは困りますよね。特にカーテンの縮みは、最悪の場合使用できなくなってしまうこともあるため、注意が必要です。例えば、丈が2mのカーテンの場合、洗濯で5%縮むと、丈が10cmも短くなってしまうことになります。

カーテンの生地の縮み具合は、カーテンの素材によって大きく異なります。一般的に、ポリエステルやアクリルのものは縮みが少なく、綿やレーヨンのものは縮みが大きいです。カーテンを洗濯する場合は、生地の素材をよく確認しましょう。

 

お使いのカーテンの値段によって、自分で洗濯するかクリーニングに出すかを決める

カーテンを洗濯すると、傷んでしまうこともあると先ほどお伝えしました。「ということは、カーテンって、本当はクリーニングに出した方が良いんじゃないの?」と思ってしまいますよね。カーテンを自分で洗濯するか、クリーニングに出すかは、カーテンの価格帯により変わってきます。

カーテンは、自分で洗濯をすると傷んでしまう可能性がありますが、かといってクリーニングに出すと、そこそこお値段がかかります。あなたのお家のカーテンが、それ程高くないものでしたらご自分で洗濯をして、傷みが目立ってきたら買い替える方がお得です。しかしあなたのお家のカーテンが、オーダーカーテンのような高価なものでしたら、クリーニングに出して長持ちさせる方が結果的にはお得になります。

 

 

自宅でカーテンを洗濯する場合はコツがある

カーテンを自宅で洗濯するときは、ちょっとしたことに気をつけることで、効率良くきれいに洗濯をすることができます。きれいにカーテンを洗濯できる手順をお伝えしましょう。

1.カーテンをレールから外す前に、カーテンについたホコリなどをはらう
2.カーテンをカーテンレールから外す
3.カーテンからカーテンフックを外す
4.ヒダ山に合わせ折りたたみ、洗濯ネットに入れる
5.手洗いコース(弱水流)で洗濯する
6.しっかりとすすぐ
7.脱水は軽く行うくらいがちょうど良い
8.カーテンにフックを取り付け、そのままカーテンレールにかけて吊り干しする
 ※このときにシワをしっかり伸ばすと、仕上がりがきれいになります。
9.そのまま自然乾燥させる

このように洗濯すると、傷みも少なくきれいな仕上がりにすることができます。

 

洗濯時の一工夫で、カーテンをより長持ちさせることができる

お洗濯のときの一工夫で、カーテンの汚れを防ぐことができます。

まず、カーテンの洗濯の際、柔軟剤を使うようにしましょう。柔軟剤には、肌触りを良くする効果だけではなく、静電気を防止する効果もあります。静電気が起こりにくくなることで、花粉やホコリなどの汚れがつきにくくなります。また脱水時の洗濯じわを防ぐ効果もあります。

次に、洗剤は抗菌効果の高いものを選びましょう。菌によるニオイを防ぐことができます。また、酸素系の漂白剤でも同様の効果が得られます。

 

ドレープカーテンは年1回、レースカーテンは年3回の洗濯で大丈夫

カーテンは、どれくらいの頻度で洗濯するのが良いのでしょうか?実は、カーテンの種類によって、洗濯の頻度は異なるんです。

目安として、部屋の内側にくるドレープカーテンは年に1回程度で十分ですが、外側にあるレースカーテンは、汚れることが多いため、年に3回程度のお洗濯をおすすめします。また、レースカーテンは洗うことによりレースの目がぎゅっと閉まっていきますので、洗うごとに紫外線防止の効果が高まります。

 

カーテンがきれいになると、お部屋も明るくなり、気分もパアッと晴れやかになっていきます。

自分のお家のカーテンの素材や値段などと相談しながら、洗濯やクリーニングをしてみてくださいね^^

まとめ

カーテンの洗濯は実は簡単!?5つのおすすめの洗い方
・ カーテンを自分で洗濯するときは、カーテンの素材を確認する
・ お使いのカーテンの値段によって、自分で洗濯するかクリーニングに出すかを決める
・ 自宅でカーテンを洗濯する場合はコツがある
・ 洗濯時の一工夫で、カーテンをより長持ちさせることができる
・ ドレープカーテンは年1回、レースカーテンは年3回の洗濯で大丈夫

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグッスリ!!をフォローしよう!

同じカテゴリーの記事