おすすめ快眠グッズ

キングサイズベッドの選び方を教えて!おすすめのポイント6つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
キングサイズベッドの選び方を教えて!おすすめのポイント6つ

キングサイズベッドの選び方を教えて!おすすめのポイント6つ

キングサイズのベッドは、ベッドの中でも最も大きなものですが、いざ購入するとなると、どうやって選んだら良いか迷ってしまいますよね。実は、あるポイントを押さえることで、自分にぴったりのキングサイズベッドを選ぶことができるんです!

今回は、キングサイズベッドを購入する前にチェックしたい6つのポイントをお伝えします。

 

 

キングサイズベッドの選び方を教えて!
おすすめのポイント6つ

 

キングサイズベッドの大きさは、200cm×200cm


一般的なシングルベッドの大きさは、約横幅100cm×縦幅200cmです。セミダブルベッドは、横幅120cm×縦幅200cm、ダブルベッドで横幅140cm×縦幅200cmくらいです。ではキングサイズベッドの大きさはと言いますと、横幅200cm×縦幅200cmにもなります。キングサイズベッドはシングルベッド2個分の大きさなのです。

お店で見ていると、もしかするとそれほど大きく感じないかもしれませんが、実際に部屋に置くことを考えると、かなりの場所をベッドに占領されることになるでしょう。

 

キングサイズベッドを置くには最低でも8畳の広さが必要


では、キングサイズベッドを置くためにはどのくらいの部屋の広さが必要なのでしょうか?

キングサイズベッドを置く寝室は最低でも8畳は必要です。ただし、これはあくまでも最低でも必要な広さなので、実際に8畳の部屋にキングサイズベッドを置くと、そのほかの家具は、ほぼ置くことが出来なくなります。部屋によってはクローゼットが開けられなかったり、部屋のドアの開け閉めがままならなくなったりといったことにもなりかねません。

キングサイズベッドを購入する前には必ず、ベッド以外に置く家具があるかどうか、キングサイズベッドを置いてもクローゼットやドアを開け閉め出来るか、最低でも人が1人通れるスペースが確保できるか、などを確認しておくことが必要です。

 

キングサイズベッドは、親子川の字で寝ることが可能


キングサイズベッドのメリットは、なんといってもその広さにあります。大人2人、子供1人の3人家族であれば、キングサイズベッドでしたら川の字で寝ることも可能です。さらに、3人それぞれのベッドで寝ると、布団カバーやシーツの洗濯も数が多いので大変ですが、3人一緒のベッドで寝ればシーツや布団カバーの洗濯も一回で済みますね!

夫婦で寝る場合も、広さに余裕があるためゆったりと眠ることができます。寝返りも、相手を気にすることなく打つことができます。

 

 

シングルサイズのマットレスを2つ並べて使用することができる


キングサイズベッドはダブルベッドとは違い、シングルベッド2個分の大きさですので、シングルマットレスを2枚並べて使用することが可能です。マットレスが分かれていると、2人で寝ているときに、お互いの振動が伝わりにくくなるため、寝返りなどの振動により相手を起こしてしまうことが少なくなるのでおすすめです。

 

購入する前に、搬入方法を確認しておくことが重要


キングサイズベッドは、ほとんどの場合玄関からの搬入が難しいです。その場合は、リビングなどにある大きな窓を取り外して搬入することになります。また寝室が2階の場合は、もっと大掛かりな作業が必要となり、ベッドをクレーンで釣り上げたり、足場を作って2階まで運ぶことになります。

これらの作業料は、場合によってはベッドがもう一つ買えるくらいの金額になる可能性も・・・キングサイズベッドを検討されている方は、購入する前に必ず、搬入業者さんと打ち合わせを行うようにしましょう。

 

ベッドに使用する付属品が高価な場合が多い


キングサイズベッド用のマットレスや布団、布団カバーなど専用のサイズのものを探そうとすると、非常に種類が少なく、また高価なことが多いです。場合によっては、すべてシングルサイズのものを2つ並べて使うことになります。そのことで特に不便を感じない場合は問題ありませんが、やはりベッドのサイズに合わせたものを使いたいというかたは、この辺りのこともふまえたうえで購入した方が良いでしょう。

 

キングサイズベッドはメリットも多い反面、部屋の広さや搬入方法、付属品などに制約がある場合がある、ということが分りました。メリットとデメリットを踏まえ、後悔しないベッド選びをして、快適な睡眠時間をお過ごしください^^

 

まとめ

キングサイズベッドの選び方を教えて!おすすめのポイント6つ
・ キングサイズベッドの大きさは、200cm×200cm
・ キングサイズベッドを置くには最低でも8畳の広さが必要
・ キングサイズベッドは、親子川の字で寝ることが可能
・ シングルサイズのマットレスを2つ並べて使用することができる
・ 購入する前に、搬入方法を確認しておくことが重要
・ ベッドに使用する付属品が高価な場合が多い


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 枕の高さで睡眠の質が変わる?快眠のための枕の選び方 枕の高さで睡眠の質が変わる?快眠のための枕の選び方
  2. シングルベッドのサイズは?収納は?おすすめの選び方7選 シングルベッドのサイズは?収納は?おすすめの選び方7選
  3. アラーム設定を上手に活用して起きるための7つのポイント アラーム設定を上手に活用して起きるための7つのポイント
  4. クイーンサイズのベッドを買う前に!5つのおすすめの選び方 クイーンサイズのベッドを買う前に!5つのおすすめの選び方
  5. カーテンの作り方はアイディア次第!おしゃれに手作りする方法 カーテンの作り方はアイディア次第!おしゃれに手作りする方法
  6. 高反発枕で肩こり・首こりが治る!?低反発枕との違いと選び方 高反発枕で肩こり・首こりが治る!?低反発枕との違いと選び方
  7. マスクして寝る前に!マスクを使ってぐっすり寝る7つの方法 マスクして寝る前に!マスクを使ってぐっすり寝る7つの方法
  8. ベッドの選び方はサイズだけじゃない!?おすすめの5ヶ所 ベッドの選び方はサイズだけじゃない!?おすすめの5ヶ所

Facebok

PAGE TOP
Top