おすすめ快眠グッズ

ベッド下収納は狭い部屋の味方!メリットとおすすめの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ベッド下収納は狭い部屋の味方!メリットとおすすめの選び方

ベッド下収納は狭い部屋の味方!メリットとおすすめの選び方

なんだか物が多くてごちゃごちゃしたお部屋・・・もっとスッキリさせたいな、と思うことありますよね。そんな時は室内の収納を見直した方が良いかもしれません。そこで有効活用してほしいのがベッド下収納です。上手に利用すれば、デッドスペースだったベッド下を収納スペースとして生まれ変わらせることも可能です!

今回は、ベッド下収納の活用法についてお伝えしていきます。

 

 

ベッド下収納は狭い部屋の味方!
メリットとおすすめの選び方

 

ベッド下収納の最大のメリットはデッドスペースを有効活用できること


ベッド下収納を活用することで得られる最大のメリットは、やはりあふれていたものを片付けることができお部屋をスッキリ見せられることではないでしょうか。ベッドの下というのは意外に広いスペースなので、思った以上に物を収めることができます。また、ベッド自体動かすことがほとんどないので、あまり使わないものや大きいものを収納するにはうってつけの場所です。更に人目につきにくい場所でもあるので、あまり人に見られてほしくないような物を収納するのにも向いています。

このようにベッドの下は目立ちにくい場所なので、隠しながらお部屋の雰囲気も壊すことなく収納することができます。

 

デメリットは「湿気」と「ホコリ」


ベッド下収納において挙げられるデメリットは主に2つあります。

まず1つ目は「湿気」です。ベッドの下というのは湿度が高くなっています。それは私たちが毎日寝ている間に放出している汗を、布団が吸収してそのままベッドにこもりがちになることや、ベッドを設置する時ほとんど壁につけて設置するため、空気の通りが悪くなることなどが原因として考えられています。これらの状態が悪化すると、収めているものにカビが生えたり素材が変質したりしてしまうことだってあるのです。こういったことから、ベッド下収納を活用する場合は空気の流れを良くすることを意識し、こまめに湿気を取り除いてあげることをおすすめします。

2つ目は「ホコリ」です。ベッドの下はホコリが非常に溜まりやすい場所なので、気づいたら収納ケースや、ひどい場合だと収納したものにまでホコリがついてしまうこともあります。気付いた時に掃除をするようにしましょう。

 

ベッド下収納には除湿剤は不可欠です!


ベッドの下は湿気がたまりやすい場所であることは先ほどお伝えしました。しかし、どんなに気を付けていても稀にカビが生えてしまうこともあります。

そんな時は収納ケースの中に除湿剤を入れることをおすすめします。除湿剤を入れることで、取りきることのできなかった湿気を取り除くことができ、カビや変質の被害を避けることができます。除湿剤はホームセンターやスーパーの生活用品売り場で販売されていますので、このような被害に悩まされている方は購入してみてはいかがでしょうか。

 

 

おすすめのケースは密閉式のプラスチックケース


湿気やホコリといった問題があるのなら、一体どんな収納ケースを選べば良いのでしょうか?

ここで一番おすすめしたいのが、密閉式のプラスチックケースです。フタがついていて、なおかつ密閉性の高いものであれば、ホコリが中に入ることもなく湿気からも収納物を守ることができます。また、シンプルなデザインのものが多いのでお部屋の雰囲気を損なうことなく使用することができるのも良い点です。収納ケースを購入する際はベッド下の高さや奥行、そして幅などをきちんと測ってからお店に行くようにすると、購入がスムーズです。

 

ベッドにもともと収納スペースがついているものも!


ベッドの種類や作ったメーカーによって異なりますが、元々引き出しが設置されているタイプもあります。このような引き出し付きのベッドはフレームと同じ素材で作られていることから、ベッドとの一体感はもちろんのこと、「いかにも収納に使っています」という感じにならずに使用することができるので、お部屋のインテリアを壊すことがありません。

今からベッドの購入を検討しているのであれば、このタイプのベッドも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

自分の好みとベッドに合った収納ケースを選んでみよう♪


近年収納ケースは多種多様なものが販売されています。そのため、昔でこそベッドの高さによっては収納ケースがうまく入らずに諦めざるを得ないといったケースもありましたが、今ではそのようなことはありません。ベッド下のサイズを測ってインターネットで検索すると、それに該当するサイズのものが必ず出てくるようにもなりました。

また、収納ケースのデザインにもオシャレなものが増えており、お部屋の特徴に合わせそれぞれの雰囲気に合ったものを選べるようになりました。プラスチックケース1つをとってもオシャレなデザインのものが色々あるので、是非自分の好みにあったものを選んでみてくださいね^^

 

今回はベッド下収納についてお伝えしてきました。

少ない収納スペースを最大限有効活用するためにベッドの下を利用することで、お部屋はスッキリとした印象に変わります。物がきちんと整理されているお部屋は居心地も良いので、私たちの気持ちにも余裕をもたせてくれます。

少しでもプライベート空間での暮らしを充実したものにするために、まずは収納から初めてみませんか?

 

まとめ

ベッド下収納は狭い部屋の味方!メリットとおすすめの選び方
・ ベッド下収納の最大のメリットはデッドスペースを有効活用できること
・ デメリットは「湿気」と「ホコリ」
・ ベッド下収納には除湿剤は不可欠です!
・ おすすめのケースは密閉式のプラスチックケース
・ ベッドにもともと収納スペースがついているものも!
・ 自分の好みとベッドに合った収納ケースを選んでみよう♪


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 和室にベッドをおしゃれに置く6つのおすすめの方法 和室にベッドをおしゃれに置く6つのおすすめの方法
  2. 低反発枕にはデメリットも!?肩こり・首こりを解消する選び方 低反発枕にはデメリットも!?肩こり・首こりを解消する選び方
  3. ベッドのサイズは?マットレスは?おすすめの5つの選び方 ベッドのサイズは?マットレスは?おすすめの5つの選び方
  4. 一人暮らしのベッド選びは100%成功!おすすめの選び方 一人暮らしのベッド選びは100%成功!おすすめの選び方
  5. お布団のダニを完全に退治するためのたった6つのコツ お布団のダニを完全に退治するためのたった6つのコツ
  6. 毛布のお洗濯は実は簡単!?仕上がりを極める6つのコツ 毛布のお洗濯は実は簡単!?仕上がりを極める6つのコツ
  7. 肩こりを起こさない枕をオーダーメイド!7つの見極め方 肩こりを起こさない枕をオーダーメイド!7つの見極め方
  8. 布団が腰痛を改善する!?自分に合った布団を選ぼう 布団が腰痛を改善する!?自分に合った布団を選ぼう

Facebok

PAGE TOP
Top