おすすめ快眠グッズ

シングルベッドのサイズは?収納は?おすすめの選び方7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
シングルベッドのサイズは?収納は?おすすめの選び方7選

シングルベッドのサイズは?収納は?おすすめの選び方7選

デザインもサイズも機能性も豊富にそろっているシングルベッド。買うとは決めたもののいざ目の前にすると、どんなタイプを買えばいいのか迷ってしまうものですよね。けれどもサイズや機能性を軽視して、デザイン性だけで選ぶのは失敗の元です。

今回は、失敗しないシングルベッドのおすすめの選び方をお伝えします。

 

 

シングルベッドのサイズは?収納は?
おすすめの選び方7選

 

サイズは体の大きさに合わせて選ぶ


標準的なシングルベッドのサイズは、幅100cm、長さ200cm程度ですが、大人が寝た場合、ゆったり感はさほど得られないかもしれません。

寝心地が良いベッド幅は、仰向けになったときの体の幅に、左右15cmずつプラスしたサイズを目安にすると良いでしょう。ヘッドのふちに手が当たったり、背中を丸めた姿勢で寝ている状態では長さが適切とはいえません。身長が高い人は、長さ210cmのロングサイズベッドをおすすめします。なお、身長が150cm台の女性や子どもであれば、長さ180cm程度のショート丈でも問題ありません。

 

設置スペースを確保する


シングルベッドを置くには、6畳以上のスペースが必要になります。ワンルームや1Kのマンションやアパート住まいの場合、テーブルやパソコンデスクなどを置くスペースも必要になるので、ベッドサイズは特に慎重に選ばなければなりません。

使い勝手の良さからすると、ベッドを配置したときに、正方形のスペースが残ることが理想的です。また、ベッドのフット側は壁との距離を50cm以上離すようにすると圧迫感がありません。なお、ベッドの片側を壁ぴったりに寄せてしまうと、掛け布団がずり落ちやすくなるので、少なくとも10cmは空けるようにしましょう。余裕があれば掃除機のヘッドが入る程度にあけておくと、掃除が楽になります。

 

部屋の構造も考慮に入れる


クローゼットの扉や開き戸タイプの扉があかないなどという不具合が生じないように、部屋の構造にマッチしたサイズを選ぶことがポイントです。クローゼットやタンスとベッドの間は、少なくとも50cmは欲しいところです。ただし、扉や引き出しのサイズによってはそれ以上必要な場合もあるので、実際に開け閉めすることによって把握されることをおすすめします。

また、窓側に設置する場合、ベランダに出る道をふさいでしまうと、洗濯を干すときなど、その都度ベッドをまたがないといけないので注意が必要です。

なお、ヘッドに宮棚がついていないタイプは長さは抑えられますが、目覚まし時計や本などを置くスペースがありません。このような場合は、ベッドのヘッド側が棚のそばにくるように配置するなど、工夫が必要になります。

 

 

身長を基準に高さを選ぶ


最適なベッドの高さは身長によって変わってきます。低すぎると立ち上がりにくくなるので注意が必要です。平均的な椅子の高さは40~45cmなので、この数字はひとつの目安にはなりますが、マットを敷いた状態のベッドと椅子とでは状況が異なるので、できれば実際に座って試してみた方が良いでしょう。特に、足腰が弱い高齢者が使用する場合には、大事なポイントになります。

また、6畳程度の部屋の場合、高いベッドを置くと圧迫感がでてしまうので、部屋を広く見せる効果のあるロータイプベッドをおすすめします。

床板の高さが数段階に調節できるタイプは、寝室の変更や転居などがあった場合でも状況に合わせて高さを変えられるので機能的です。なお、ベッド下が空いているタイプは、掃除機のヘッドが入らないと不便です。15cmぐらいの隙間があれば、無理なく掃除できるでしょう。

 

収納できるタイプは機能性が高い


ワンルームマンションで一人暮らしの場合は、空間を無駄なく使うことによって、空きスペースが広くなります。それに欠かせないのはベッド下の収納です。

引き出しタイプのベッドを選ぶ際の注意点は、手前に引き出せるスペースがないと機能しないことです。膝をついて引き出すことを想定すれば、100cm程度は空けておく必要があるでしょう。

跳ね上げ式の収納ベッドであれば、両サイドのスペースは考慮しなくてもよいので、ギリギリのスペースでも設置可能です。

 

省スペースタイプでゆとり空間を演出


ベッドを固定配置するスペースが確保できない場合は、キャスターがついた折りたたみベッドがおすすめです。使わないときは折りたたんで、代わりに折りたたみ式のローテーブルを置くなどすればリビングに早変わりです。

また、ソファベッドもスペースが少ない部屋には強い味方です。ただし、ソファとして使うときには布団をしまう場所がいるので、大容量収納タイプを選ぶのがポイントです。

ロフトタイプのベッドについては高さに注意が必要です。ベッドの床板から天井までの距離が少ないと、圧迫感があったり天井に頭をぶつけやすくなるなどの弊害があるだけではなく、照明が吊り下げ式だったり、壁と天井の接合部にでっぱりがある場合には接触してしまう可能性もあります。ロフトタイプは、あらかじめ天井部の構造や床から天井までの高さを計測しておくことをおすすめします。

 

搬入可能かどうかも重要


最近は組み立て式のベッドが主流ですが、脚付きマットレスのベッドなど、なかには解体できないものもあるので、搬入可能かどうかも判断しなければならないでしょう。

また、ベッド本体が搬入できたとしても、マットレスは分割できないので搬入できない恐れがあります。マットの厚みなども考慮に入れたうえで、搬入経路をチェックする必要があります。

 

シングルベッドは、サイズや高さがフィットしたものを選べば、あとはちょっとした配慮によって普段の数倍は寝心地が良くなります。

寝心地の良いベッドに身をゆだねて、しっかり眠って心身ともに快調にすごしましょう^^

 

まとめ

シングルベッドのサイズは?収納は?おすすめの選び方7選
・ サイズは体の大きさに合わせて選ぶ
・ 設置スペースを確保する
・ 部屋の構造も考慮に入れる
・ 身長を基準に高さを選ぶ
・ 収納できるタイプは機能性が高い
・ 省スペースタイプでゆとり空間を演出
・ 搬入可能かどうかも重要


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 布団が腰痛を改善する!?自分に合った布団を選ぼう 布団が腰痛を改善する!?自分に合った布団を選ぼう
  2. マタニティパジャマのおすすめは?入院から出産まで役立つ選び方 マタニティパジャマのおすすめは?入院から出産まで役立つ選び方
  3. カーテンの作り方はアイディア次第!おしゃれに手作りする方法 カーテンの作り方はアイディア次第!おしゃれに手作りする方法
  4. アラーム設定を上手に活用して起きるための7つのポイント アラーム設定を上手に活用して起きるための7つのポイント
  5. 一人暮らしのベッド選びは100%成功!おすすめの選び方 一人暮らしのベッド選びは100%成功!おすすめの選び方
  6. お昼寝布団セットを賢く選べる7つのちょっとしたコツ お昼寝布団セットを賢く選べる7つのちょっとしたコツ
  7. カーテンの選び方を教えて!おすすめのサイズ・色・種類 カーテンの選び方を教えて!おすすめのサイズ・色・種類
  8. こたつ布団を清潔に保つための7つの方法 こたつ布団を清潔に保つための7つの方法

Facebok

PAGE TOP
Top