おすすめ快眠グッズ

テンピュール枕のメリット・デメリットを徹底検証!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
テンピュール枕のメリット・デメリットを徹底検証!

テンピュール枕のメリット・デメリットを徹底検証!

朝目が覚めたら、首や肩が凝っていたり、頭が重かったりすると、なんだか1日憂鬱な気分になってしまいますよね。それが一度ならいいのですが、毎朝という場合は、もしかしたら枕が合わないせいかもしれません。

「でも、枕って沢山種類がありすぎて、どれを選んだら良いかよくわからない!」という方のために、今回は、ネットでも評判の良いテンピュール社の枕を取り上げ、メリット・デメリットをお伝えしていきます。

 

 

テンピュール枕のメリット・デメリットを徹底検証!

 

特殊なウレタン素材でできている


枕を選ぶ時に最初にチェックするポイントは、枕の素材です。枕にはウレタン、そば殻、発泡ビーズなどいろいろな素材がありますが、人によって気持ち良く感じるものは違います。

テンピュールの枕の素材は、一般的な低反発枕と同様ウレタン素材なのですが、テンピュール枕に使われているウレタン素材は安価な低反発枕とはウレタン構造が異なっています。この素材は、体圧と体温によって次第に変化を起こし、枕にかかる体圧を均等なレベルで保ちます。体圧が分散されるので、血行の妨げになる不快な圧迫感がなくなりぐっすりと眠ることができるのです。またからだの形に合わせて素材が変化するので、首・身体・背骨が適切で理想的な状態を保ちます。

 

ぴったりした高さの枕を選べる


次にチェックするのは枕の高さです。適正な枕の高さは、寝る姿勢や体型によって違います。高い枕で仰向けに寝ると、呼吸しにくく感じますし、薄い枕で横向きに寝ると、肩や首筋が凝ることがあります。テンピュールの枕は、「首を支える枕でなければ、良い枕ではない」ということを基本コンセプトに作られています。リラックスして眠れる姿勢のために、首のサポートは重要な役割を果たしているからです。そしてこのサポートを十分に行うためには、体格や寝る姿勢によって高さを変える必要があります。

テンピュールの枕には、ジュニアサイズからXS/S/M/Lまで豊富なサイズがあり、自分に合ったぴったりの枕を選ぶことができます。とはいっても、実際に試してみないとぴったりくるものを選ぶのはなかなか難しいですよね。しかしテンピュールなら、スタッフにアドバイスをもらいながら試してみることもできるため、よりぴったりくるものを選ぶことができます。

もしも枕選びに迷った時は、ワンサイズ下のサイズを選ぶと良いでしょう。高すぎる枕は調節できませんが、低いときはタオルを敷くなどして対応することができるのでおすすめです。

 

 

形、デザインが豊富


枕は機能性だけではなく、大きさやデザインも重要なポイントです。数値的な条件が合う枕を選ぶことは大切ですが、デザインも気に入った物ならもっと気持ちよく使うことができますよね。

テンピュールの枕はスタンダードな枕のほかにも、豊富なバリエーションの中から選ぶことができます。その種類によって特徴も違ってくるため、自分が一番寝心地良く感じる物を選ぶことができます。枕以外にも、クッションやマットレスもありますので、枕が気に入ったらほかの寝具も買いそろえることができます。サイズ展開も豊富なので、きっと自分に合う物が見つかるはずです。

 

耐久性に優れている


テンピュールの枕に使われている素材は、ホテルや病院の枕やマットレス、飛行機や競技場、映画館の座席、オフィスチェアのクッションなど様々な場面で使われています。これは耐久性に優れているからこそなのです。一般的な低反発枕に使われているウレタン素材は、長く使うとクッション性も失われてしまいます。しかしテンピュールに使われている素材は、ウレタン構造が安価な物とは異なっているため、耐久性に優れています。

耐久性への自信の現れが、保証期間がついているところです。枕で3年、マットレスで15年も保証期間が付いているのです。

 

いくつかのデメリットもしっかり考慮しましょう


良いところがいっぱいのテンピュールの枕ですが、いくつかデメリットもあります。

まず、沈みこむので頭との接触面積が大きく熱がこもりやすいという点です。夏は特に暑く感じるかもしれませんね。そして、ウレタン素材の特徴でもあるのですが、温度変化で硬くなったりやわらかくなったりするので、日本のように季節による温度変化が大きい場所だと、季節で使い心地が変わってしまうことも考えられます。また、水洗いができないのでメンテナンスが大変です。特にアレルギーがある方は、注意が必要です。

テンピュール枕の購入を考えている人は、デメリットも考慮した上で、自分に最適な枕を選択すると良いでしょう。

 

1日の3分の1を支えてくれる枕。せっかくなら自分に合ったものを長く使いたいですよね。

テンピュールの枕はお伝えした数々のメリットがあり、更に店頭で試して不明な点をスタッフに確認することも出来ます。自分にぴったりの枕を選んで、快適な睡眠をお楽しみください^^

 

まとめ

テンピュール枕のメリット・デメリットを徹底検証!
・ 特殊なウレタン素材でできている
・ ぴったりした高さの枕を選べる
・ 形、デザインが豊富
・ 耐久性に優れている
・ いくつかのデメリットもしっかり考慮しましょう


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. フローリングに布団を敷く前に!今すぐ出来るカビ対策6選 フローリングに布団を敷く前に!今すぐ出来るカビ対策6選
  2. 布団が腰痛を改善する!?自分に合った布団を選ぼう 布団が腰痛を改善する!?自分に合った布団を選ぼう
  3. カーテンの選び方を教えて!おすすめのサイズ・色・種類 カーテンの選び方を教えて!おすすめのサイズ・色・種類
  4. 二段ベッドにおすすめのマット、収納、柵、サイズの選び方 二段ベッドにおすすめのマット、収納、柵、サイズの選び方
  5. カーテンの洗濯は実は簡単!?5つのおすすめの洗い方 カーテンの洗濯は実は簡単!?5つのおすすめの洗い方
  6. ベッドのサイズは?マットレスは?おすすめの5つの選び方 ベッドのサイズは?マットレスは?おすすめの5つの選び方
  7. 耳栓で睡眠不足は解消!耳栓のメリットと質の良い睡眠のコツ 耳栓で睡眠不足は解消!耳栓のメリットと質の良い睡眠のコツ
  8. 高反発枕で肩こり・首こりが治る!?低反発枕との違いと選び方 高反発枕で肩こり・首こりが治る!?低反発枕との違いと選び方

Facebok

PAGE TOP
Top