おすすめ快眠グッズ

ベッドのサイズは?マットレスは?おすすめの5つの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ベッドのサイズは?マットレスは?おすすめの5つの選び方

ベッドのサイズは?マットレスは?おすすめの5つの選び方

みなさんはベッドを選ぶとき、どのような点に注意して選びますか?デザイン性でしょうか?お値段でしょうか?いろいろな判断基準があって、迷ってしまいますよね。

実は自分に最適なベッドを選ぶことで、睡眠をもっと快適にすることができるんです!今回は、ベッドを選ぶときのコツをお伝えします。

 

 

ベッドのサイズは?マットレスは?
おすすめの5つの選び方

 

ベッドのサイズは使い方や使う人数によって決める


実はベッドには様々なサイズがあります。平均的なベッドの幅を見てみましょう(単位=cm)。各メーカーでかなりの違いがありますので、あくまで目安です。

・シングル    95~105
・セミダブル 105~130
・ダブル    130~150
・クィーン    150~180
・キング     180~210

ベッドの長さは190~205cmほどです。その他に長さを延長したロングタイプ(220cm前後)があります。このサイズはあくまでも目安のため、カタログなどで商品を購入したときにしっかりと寸法を確かめずに購入してしまうと、実際届いてから思っていたのと寸法が違った、といったことになりかねません。ですので、しっかりと欲しい商品の寸法を確認することが大切です。

また、大きいサイズのベッドを選んだときに、搬入の際ドアから入れることができなかったり、部屋に入れたときに不都合が出てきてしまったりすることも考えられます。大きいサイズのベッドを購入する際には、それらをしっかり確認してから購入するようにしましょう。

 

マットレスは自分が心地良いと思ったものを選ぶ


マットレス選びが眠りの質を左右すると言っても過言ではありません。それほどマットレス選びは重要なポイントとなります。

マットレスの代表的なものは、下記のとおりです。

・ボンネルコイルマットレス
 体を面で支えるという特徴があるマットレスです。寝心地は適度に硬く、畳の上に布団を敷いた感覚に近いです。

・高密度スプリング(ハイカウント)
 ボンネルコイルマットレスを高密度に配置したタイプのマットレスです。基本的な特徴はボンネルコイルマットレスと同様ですが、耐久性に優れています。

・ポケットコイルマットレス
 体を点で支えてくれます。体にフィットしている感覚があるのが特徴です。ボンネルコイルマットレスより価格は少し高めです。

・低反発マットレス
 力を掛けるとゆっくり沈み込んで、手を離すとゆっくり戻るウレタン素材のマットレスです。体との接地面が多くなるため、夏は暑く感じられるかもしれません。

・高反発マットレス
 高反発マットレスは低反発マットレスほど柔らかくないマットレスです。人間にとって理想の睡眠姿勢を保つことが出来ると、人気があります。価格は高めです。

このようにマットレスの種類は様々で、マットレスにより寝心地も違います。人それぞれ寝心地が良いと感じるものは違うため、実際に売り場で試してみて一番寝心地が良いと感じるものを選びましょう。

 

 

ヘッドボード、フッドボードのメリット・デメリットを把握する


ベッドの頭側にある板をヘッドボード、足側にあるものをフットボードと呼びます。これらには、マットレスのずれを防いだり、枕や布団などが落ちるのを防いだりする役目があります。この両方があるベッドを、「ヨーロピアンスタイル」、「ヘッド・フットスタイル」などと呼びます。フットボードがないものは「ハリウッドスタイル」と呼ばれています。高さのあるフッドボードがあると、ベッドメイキングがやりづらかったり、空間が狭く感じることがありますので、購入の際は注意しましょう。また、背の高い方だと足下が窮屈になってしまう場合もありますので、実際に寝てみて確かめてから購入すると良いでしょう。また、ヘッド・フットボードをつけないといった選択肢もあります。部屋が狭い場合、コンパクトになるためこの選択は有効です。しかし、ヘッドボードが無いと就寝中に寝具が落ちやすくなってしまいます。この場合、レイアウトに工夫が必要となります。

自分の部屋の印象や、寝心地などを考慮して選択してみてください。

 

ボトムの素材も実際に寝心地を確かめることが大切


ボトムとは、マットレスを支える平面部分のことを指します。このボトムには、主に木製の板やスノコなどを用いた、非弾性ボトム(シングルクッション)と、クッション性能がある弾性ボトム(ダブルクッション)の2種類があります。こちらも好みや価格により、選択すると良いでしょう。

ただ、ダブルクッションの場合、マットレス面の高さが高くなる傾向があり、寸法をしっかり確かめたとしても、いざ部屋に入れてみると見た目のボリューム感が大きいといったことも。狭いスペースでは窮屈に感じることがありますので、自分の部屋の広さと相談して決めることをおすすめします。

 

ベッドウェア選びにこだわることで、睡眠の質がガラリと変わる


人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかくといわれています。したがって、吸湿性・放湿性が高く、かつ保温性が高いベッドウェアを選びましょう。

代表的なベッドウェアは下記のとおりです。

・掛け布団
 軽いものを選びましょう。また、吸湿性、放湿性、保温性があるという点もポイントとなります。そういった点から、羽毛布団がもっともおすすめです。

・ベッドパッド
 マットレスは干したり洗ったりできません。そのため、ベッドパッドにはマットレスを湿気から守る役割があります。吸湿性・放湿性が高く、日々のメンテナンスがしやすいものを選びましょう。

・カバーリング
 カバーリングは、肌に触れるものですので、肌触りや質感にはこだわりましょう。おすすめは、綿や麻です。また、カラーやデザインによって部屋の印象が変わります。自分好みの色や柄のものを選ぶと良いでしょう。

一口にベッドと言っても、様々な種類があり、組み合わせ方によって寝心地もだいぶ変わってきます。

自分好みのベッドを選んで、快適な睡眠を手に入れましょう^^

 

まとめ

ベッドのサイズは?マットレスは?おすすめの5つの選び方
・ ベッドのサイズは使い方や使う人数によって決める
・ マットレスは自分が心地良いと思ったものを選ぶ
・ ヘッドボード、フッドボードのメリット・デメリットを把握する
・ ボトムの素材も実際に寝心地を確かめることが大切
・ ベッドウェア選びにこだわることで、睡眠の質がガラリと変わる


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 羽毛布団の選び方を教えて!意外と知らない6つのおすすめ 羽毛布団の選び方を教えて!意外と知らない6つのおすすめ
  2. 高反発枕で肩こり・首こりが治る!?低反発枕との違いと選び方 高反発枕で肩こり・首こりが治る!?低反発枕との違いと選び方
  3. フローリングに布団を敷く前に!今すぐ出来るカビ対策6選 フローリングに布団を敷く前に!今すぐ出来るカビ対策6選
  4. シングルベッドのサイズは?収納は?おすすめの選び方7選 シングルベッドのサイズは?収納は?おすすめの選び方7選
  5. 布団のカビは要注意!原因と対処法を理解ししっかり予防 布団のカビは要注意!原因と対処法を理解ししっかり予防
  6. ベッドの選び方はサイズだけじゃない!?おすすめの5ヶ所 ベッドの選び方はサイズだけじゃない!?おすすめの5ヶ所
  7. 意外と簡単!?誰でも出来るカーテンレールの取り付け方 意外と簡単!?誰でも出来るカーテンレールの取り付け方
  8. キングサイズベッドの選び方を教えて!おすすめのポイント6つ キングサイズベッドの選び方を教えて!おすすめのポイント6つ

Facebok

PAGE TOP
Top