おすすめ快眠グッズ

こたつ布団を清潔に保つための7つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
こたつ布団を清潔に保つための7つの方法

こたつ布団を清潔に保つための7つの方法

 冬場はこたつの存在はありがたいですよね。暖房だと顔ばかりがほてってしまい、長時間つけていても足先はひんやりしたまま、などということも。でも、こたつならばすぐに足先までぽかぽかになり、気持ちよくて一度入るとなかなか抜け出せないものです。

けれども、長時間とどまっている場所はどうしても汚れがちです。こたつも例外ではありません。特に汚れがちなのがこたつ布団です。こたつで食事をする場合などは、食べこぼしや調味料のシミなどが悩みの種ですよね。いつも身を置く場所なので、できれば清潔に保ちたいものです。

では、こたつ布団を清潔に保つにはどんな方法があるのでしょうか?

 

 

こたつ布団を清潔に保つための7つの方法

 

お手入れのしやすいものを選ぶ


まず、洗濯可能なものを選ぶことがポイントです。洗濯機マークや手洗いマークがついているか、確かめたうえで購入しましょう。

また、洗濯可能なものであっても、あまりにかさばるものはおすすめできません。省スペース型のこたつ布団は、掛け布団の場合、四隅の布が薄くなっているため全体としてコンパクトです。省スペース型以外の掛け布団では、薄手のものを2枚重ねて使う方法もあります。もし汚れてしまっても、上側の一枚を洗えば済むのでとてもラクちんです。

なお、ちょっとした汚れであれば、布団をまるごと洗うのもかえって手間になります。そういうときに備えて、こたつ布団にはカバーをかぶせておくのが必須です。ただ、ファスナー式のカバーの場合、はずしたりかぶせたりするのが大変ですので、上掛けの布をかけておくという手軽な方法もあります。

 

こまめに干す


こたつは足を入れる場所なので、布団類には匂いがしみこみやすく、こたつ内部にも匂いがこもりがちです。また、温熱器によるあたたかさはダニの温床にもつながります。場所柄、消臭剤を置くのも適さないので、やはり日光に当てるのがいちばんでしょう。掃除機をかけるタイミングで、天気が良ければ干すということが習慣づけられるとよいでしょう。

なお、ムレた靴下は匂いの根源です。外出から帰ったら靴下を履きかえてこたつに入るよう心がけましょう。

 

小物を使って汚れをキャッチ


こたつで食事をする場合、食べこぼしによる汚れが気になります。特に、子どものいる家庭では悩みの種でしょう。汚してしまった都度、こたつ布団やこたつカバーを丸洗いするのはなんとも重労働です。できればその作業を省きたいところです。

そこでおすすめなのが、こたつ布団(上掛け布をかけている場合は布)と天板との間にバスタオルを挟むという方法です。こたつ布団や上掛け布にしみこむ前に、バスタオルで汚れをキャッチできるので、洗うのはバスタオルだけで済むという仕組みです。

ただ、飲み物などを大量にこぼしてしまった場合には、この方法でも布団にしみこんでしまうことは避けられません。そこで、それを防ぐために活用できるのが、防水加工されたテーブルクロスや厚手のビニール袋を、さらにバスタオルの下に挟み込むという方法です。ちょっとした小物を活用することにより、お手入れが数段楽になります。

 

 

自宅の洗濯機で洗う


小物を使っても防止できなかった場合は、やはり布団自体を洗濯するしかありません。自宅の洗濯機を使う場合には特に、故障防止やお手入れの手間を簡単にするため、十分に下準備をしましょう。

まずはこたつ布団についたほこりや食べかすなどを掃除機で吸い取ります。 次に、コロコロやガムテープなどの粘着テープを使って、細かいゴミを取り除きます。細かいゴミがなくなった状態にしてから大判ネットに入れ、いよいよ洗濯機に投入します。

洗剤は、粉末洗剤の場合は洗面器などでよく溶かしてから入れた方がスムーズです。液体洗剤の場合でも、全体に均等にしみわたるように洗面器などで薄めてから使うとよいでしょう。洗濯モードは、ドライコースを選択すれば回転の刺激が少ないので、布団の中身が片寄りません。水量は布団が浸かりきるぐらいたっぷりにしましょう。

 

自宅で手洗い


こたつ布団は大きさからして、洗面所ではとても無理なのでお風呂場で洗います。浴槽に溜まった残り湯を使えば経済的です。

手洗いの方法は、浴槽の水量を布団が十分浸かるぐらいに調節したうえで洗剤を入れ、汚れを押し出すようにして足踏みします。水が濁ってきたら浴槽の栓を抜いて排水します。その後、浴槽の縁に布団を半分かけて水分を押し出します。ある程度水が切れたら、浴槽に布団を戻して水を張りなおします。そして再び足踏みをして汚れを落としていきます。この工程を3、4回繰り返します。

布団が洗濯機に入る大きさの場合は、脱水します。無理な場合は大きなゴミ袋などに入れて、干す場所まで水がしたたり落ちないように気をつけて運びます。なお、干してから乾ききるまでは4、5日かかりますので、好天の続きそうなタイミングを見はからって洗うことをおすすめします。

 

コインランドリーやクリーニング店も臨機応変に活用する


最近は、布団が丸洗い、乾燥できるコインランドリーもあります。

自宅での洗濯は経済的ですが手間がかかります。「たまには楽したい!」というときには、コインランドリーを活用するのも良いでしょう。

なお、コインランドリーより費用は割高になりますが、クリーニング店にお願いする方法もあります。シーズンの終わりに洗濯する場合には、クリーニング店に出して本格仕上げしてもらうのも気持ちが良いものです。きれいに仕上がった状態で収納しておけば、また次のシーズン、快適に使用できるでしょう。

 

場合によっては買い替える


自宅での洗濯がうまくいかず、ごわごわになってしまった、あるいは洗濯する気力がわいてこないくらい汚れがひどい場合には、思い切って買い替えてしまうのも良いでしょう。そのためにも、あまり高価なものは買わない方が得策です。ワンシーズン使って捨てても惜しくない程度の額にとどめておきましょう。

 

冬場になれば毎日お世話になるこたつ布団。いつでも清潔に保っておけるように、それぞれのライフスタイルに適した方法でお手入れしてあげましょう^^

 

まとめ

こたつ布団を清潔に保つための7つの方法
・ お手入れのしやすいものを選ぶ
・ こまめに干す
・ 小物を使って汚れをキャッチ
・ 自宅の洗濯機で洗う
・ 自宅で手洗い
・ コインランドリーやクリーニング店も臨機応変に活用する
・ 場合によっては買い替える


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. カーテンの作り方はアイディア次第!おしゃれに手作りする方法 カーテンの作り方はアイディア次第!おしゃれに手作りする方法
  2. シーツの洗濯は意外と簡単!?長持ちさせる6つの方法 シーツの洗濯は意外と簡単!?長持ちさせる6つの方法
  3. シングルベッドのサイズは?収納は?おすすめの選び方7選 シングルベッドのサイズは?収納は?おすすめの選び方7選
  4. 耳栓で睡眠不足は解消!耳栓のメリットと質の良い睡眠のコツ 耳栓で睡眠不足は解消!耳栓のメリットと質の良い睡眠のコツ
  5. 出窓カーテンをおしゃれに演出!おすすめの測り方と選び方 出窓カーテンをおしゃれに演出!おすすめの測り方と選び方
  6. 一人暮らしのベッド選びは100%成功!おすすめの選び方 一人暮らしのベッド選びは100%成功!おすすめの選び方
  7. テンピュール枕のメリット・デメリットを徹底検証! テンピュール枕のメリット・デメリットを徹底検証!
  8. 布団の捨て方はバッチリ!有料・無料・お金が増える処分法 布団の捨て方はバッチリ!有料・無料・お金が増える処分法

Facebok

PAGE TOP
Top