[続きを読む…]"> 布団の捨て方はバッチリ!有料・無料・お金が増える処分法|グッスリ!! [続きを読む…]" >
おすすめ快眠グッズ

布団の捨て方はバッチリ!有料・無料・お金が増える処分法

布団の捨て方はバッチリ!有料・無料・お金が増える処分法

布団をいざ捨てようと思ったときに、「そういえば、布団の捨て方がわからない!?」となると困ってしまいますよね。とても大きくかさばるものなので、ついつい後回しにして押入れなどの収納スペースを占領しがちな布団ですが、一体どのように捨てれば良いのでしょうか?

実は布団の捨て方には色々な方法があるのです!今回は、様々な布団の捨て方やその他の処分方法についてお伝えします。

地域によって布団の捨て方は異なります

まず、布団を捨てる方法は地域によって異なりますので、よく調べてから捨てないと場合によっては引き取ってくれないという可能性もあります。また大きいものなので、地方自治体に依頼すると処理費用がかかるところもあります。

処分方法と併せて、どのくらい費用がかかるのかも調べておきましょう。

 

粗大ごみダイヤルに電話すると取りに来てもらえる

ほとんどの人が一番はじめに思いつくのが、この方法なのではないでしょうか。

定番の処分方法ではありますが、地方自治体によっては粗大ごみ専用のダイヤルや受付センターなどに連絡をして取りに来てもらうことが可能です。事前に費用を支払い、指定された場所に置いてくだけであとは取に来てくれるので、一番手間がかからないおすすめの方法です。

このサービスは自治体によって異なりますので、まずは自分の住んでいるところのサービス状況を確認しましょう。

 

時間はかかるが分解して燃えるゴミに出せば無料!

少しでも費用をかけずに布団を処分したい方におすすめなのが、布団を分解して燃えるゴミとして捨てる方法です。

この方法は自分で布団を分解しないといけないので手間はかかりますが、無料で処分することができます。ただし羽毛布団などの場合、部屋の中に羽毛などがかなり散乱する可能性がありますので注意が必要です。また、ゴミ袋に小分けにして詰めないといけないため、重労働であることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

この方法で処分を考えている場合は、時間があるときに行うことをおすすめします。

 

 

自分で処理施設に持ち込むこともできる

布団の捨て方として、自分で処理施設に持ち込むのも1つの方法です。この方法は布団を捨てたいときに捨てることができるので、家の中に不要なものを溜め込まなくて済みます。

ただしすべての処理施設がこのようなサービスを行っているわけではありません。事前に個人での持ち込みが可能かどうかを確認しておく必要があります。また、費用も施設によって異なりますので注意しましょう。

少しでも安く抑えたいのであれば、事前に何カ所かの施設の処理費用を調べておくことをおすすめします。

 

買い取りを利用すれば逆にお金がもらえます

きちんとした布団メーカーのもので状態が良いものであれば、買い取ってくれるサービスがあるのを御存じでしたか?電話やメールで問い合わせをした後に査定をしてもらい、査定額に納得ができたら買い取り成立という仕組みです。特に質の良い羽毛布団は、買い取りしてくれる可能性が大幅にアップします。

しかし、長時間使用して匂いがついているものや、シミなどの汚れがついているものは、買い取り価格が下がったり買い取りできないことがあります。

捨てるつもりなのであれば、一度問い合わせしてみるのも良いのではないでしょうか。

 

リサイクル業者は無料で引き取って再利用してくれる

買い取りではありませんが、リサイクル業者に依頼をして無料回収してもらうという方法もあります。

無料で回収された布団のほとんどは、再び加工しなおされて新たな場所で活躍します。いらなくなった布団がどこかで役に立っていると思ったら、なんだか嬉しくなりますよね。

回収方法についてですが、近所にリサイクル業者があるのであれば事前に連絡をして直接持って行ってもよいでしょう。近所にそのような業者がない場合は、連絡をすると家まで回収しにきてくれる出張サービスを行っているところもあるので、一度確認してみてください。

 

捨てる前に打ち直しを検討してみては?

ここまでは布団の捨て方や処分方法についてお伝えしてきました。

買い替えを検討しているので現在使用している布団を捨てようと思っているのであれば、一度布団の打ち直しを検討してみてはいかがでしょうか?布団の打ち直しとは、固まった中の綿を機械でほぐし、中に入り込んでいたダニやほこりを綺麗に取り除き新品同様の布団に仕上げることです。

打ち直しの費用はお店によって異なりますが、布団を買いなおすつもりなのであれば、長年愛用していた布団を再度生き返らせて使用するというのもおすすめの方法です。特に、質の良い布団であればあるほどその効果が高いものとなっています。また打ち直しはゴミの削減にもつながりますので、環境の観点からもおすすめです。

 

このように布団には様々な捨て方や処分の方法があります。それぞれにメリットとデメリットが存在しますので、自分に合った捨て方を検討してみましょう。

まとめ

布団の捨て方はバッチリ!有料・無料・お金が増える処分法
・ 地域によって布団の捨て方は異なります
・ 粗大ごみダイヤルに電話すると取りに来てもらえる
・ 時間はかかるが分解して燃えるゴミに出せば無料!
・ 自分で処理施設に持ち込むこともできる
・ 買い取りを利用すれば逆にお金がもらえます
・ リサイクル業者は無料で引き取って再利用してくれる
・ 捨てる前に打ち直しを検討してみては?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグッスリ!!をフォローしよう!

同じカテゴリーの記事