[続きを読む…]"> 枕の高さで睡眠の質が変わる?快眠のための枕の選び方|グッスリ!! [続きを読む…]" >
おすすめ快眠グッズ

枕の高さで睡眠の質が変わる?快眠のための枕の選び方

枕の高さで睡眠の質が変わる?快眠のための枕の選び方

実は、あなたの体の不調は枕の高さが原因だったとしたら・・・

「寝たはずなのになんだかスッキリしない・・・」「起きたら首や肩がだるい・・・」といった症状はつらいですよね。これらはもしかすると、枕の高さが原因かもしれません。

枕は首と頭を預ける大事な寝具ですから、自分に合った高さのものを選ばないと、睡眠の質が下がったり体を痛めてしまうことにもなりかねません。今回は枕の高さについて、選び方や体に与える影響についてお伝えしていきます。

枕の高さが合っていないと全身がリラックスできない

枕は単に首や頭を預けるための道具ではありません。寝ている間に常に頭部を支えている首を休ませる目的もあります。

首を休ませることで周辺の筋肉の緊張がほぐれ、中にある神経も緩まり全身がリラックスした状態になるのです。枕の高さが高すぎたり低すぎたりすると、このような効果を発揮しないばかりか体に悪影響をもたらしてしまいます。

 

実際に試してみて自分に合った枕の高さを知る

重要な役割を果たしている枕ですが、では一体どのくらいの高さのものが望ましいのでしょうか?

人の体には個人差がありますので、一概に何センチの高さのものが良いということはできません。一番重要なのは自分に合った枕を選ぶことです。それには実際に試してみるのが一番です。

 

自分に合った枕の高さは顎と肩まわり、寝返りをうてるかをチェック

まず枕の上に頭を乗せた時に、顎が少し引けた状態になるものが理想的です。逆に顎があがってしまうものは体よりも頭が下がってしまっているということになりますので、低すぎる枕ということになります。

またそのときに、肩まわりと敷布団の間の隙間もチェックしましょう。隙間が空いている場合は首と頭が無理に持ち上げられているということですので、少し枕が高すぎるということになります。隙間はできるかぎり無いものを選びましょう。

加えて頭を乗せるだけではなく寝返りも試してみましょう。このときに無理なく寝返りをうてる枕は自分に合っていると考えて良いでしょう。反対に少しでもどこかに力を入れないと寝返りをうつことができないものは、自分では合っている枕だと思っていても実は体に負担をかけている可能性がありますのであまりおすすめできません。

 

 

枕が高すぎると筋肉が緊張してホルモン分泌に悪影響が出る

高すぎる枕を使っていると一体どのようなことが起こるのでしょうか?

枕が高いと頭部は高く持ち上げられた状態になり、顎も無理に引けた状態になってしまいます。この体勢は首に非常に負担がかかる上に更なる筋肉の緊張を生み出してしまいます。このような体勢が長時間続くことが寝起きの首や肩のだるさにつながっているのです。

また首と頭の中間あたりにはホルモン分泌をつかさどる機能があったり神経が集結していたりと、体にとって非常に重要な部分でもあります。このような重要な機関が集結しているところに負担をかけることは神経伝達やホルモンの分泌にも影響してくるのです。

このように私たちの見えないところでも枕の高さは大きな影響をもたらしています。

 

低すぎる枕は頭に血がのぼって睡眠が浅くなる

高すぎる枕はもちろんいけませんが、低すぎる枕もまた良くありません。低すぎる枕の場合は頭が下がってしまい頭に血がのぼってしまいます。それだけでなく頭は下がり、顎が上がってきます。顎が上がると呼吸が浅くなることから、睡眠も浅くなってしまいます。

このように睡眠と呼吸は切っても切れない関係なのです。そのため低すぎる枕を使い続けると、寝ている最中に何度か目が覚めてしまうなどといった現象が起こります。

 

自分に合った枕を使うと呼吸が深くなり睡眠の質が上がる!

先ほど自分に合った高さの枕を選ぶポイントについてお伝えしましたが、これらのポイントを踏まえた枕で睡眠をとると一体どのような効果があらわれるのでしょうか?

まず顎が軽く引けた状態になることで、胸が開き呼吸が非常に楽になります。胸郭が広がることで肺にたっぷりと空気が入り込みます。この空気は全身を巡って様々な臓器や細胞などに届けられ、傷ついた体を修復することなどに使われます。このような働きがしっかりと行われると、起きた時に前日の疲れがとれてスッキリしているといったような感覚を味わうことができます。

また、呼吸が深くなるので深い眠りにつくこともできます。そうすることで仕事や勉強の時も眠くなることがなく、十分に自分の力を発揮することができるのです。

 

寝起きの体に不調を感じたら枕の高さを見直そう

現在使用している枕で十分に疲れがとれ熟睡感を得ることができているのであれば、その枕はあなたに合った枕と言えるでしょう。

しかし、寝起きの首や肩のだるさや激しいイビキ、睡眠時無呼吸症候群などの症状がある場合は、枕の高さが合っていない可能性が高いとみて良いでしょう。早めに自分に合った枕に買い替えることをおすすめします。

 

たかが枕、されど枕です。枕一つで睡眠の質も体の健康状態も大きく変わってきます。

自分に合った枕を見つけるのは時間も費用もかかりますが、毎日使用するものなのでグッスリ熟睡、そして体の疲れをとるためにもこだわってみてはいかがでしょうか。

自分に合った枕の高さを見つけて、快適な睡眠が得られると良いですね^^

まとめ

枕の高さで睡眠の質が変わる?快眠のための枕の選び方
・ 枕の高さが合っていないと全身がリラックスできない
・ 実際に試してみて自分に合った枕の高さを知る
・ 自分に合った枕の高さは顎と肩まわり、寝返りをうてるかをチェック
・ 枕が高すぎると筋肉が緊張してホルモン分泌に悪影響が出る
・ 低すぎる枕は頭に血がのぼって睡眠が浅くなる
・ 自分に合った枕を使うと呼吸が深くなり睡眠の質が上がる!
・ 寝起きの体に不調を感じたら枕の高さを見直そう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグッスリ!!をフォローしよう!

同じカテゴリーの記事