おすすめ快眠グッズ

シーツの洗濯は意外と簡単!?長持ちさせる6つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
シーツの洗濯は意外と簡単!?長持ちさせる6つの方法

シーツの洗濯は意外と簡単!?長持ちさせる6つの方法

ベッドやお布団のシーツって大きくてかさばるので、ついついお洗濯を後回しにしてしまいがちですよね。気がつくと「あれ、最後にシーツを洗ったのっていつだっけ?」となってしまうことも多いです。

実は、シーツのお洗濯には、99%の人が勘違いをしている「とっておきのお手軽な方法」があったんです!間違った方法でお洗濯をしたり、お洗濯をサボってしまっていると、美容と健康に取り返しのつかない被害が出ることも・・・

今回は、シーツをお洗濯しないと起こるデメリットと、シーツを長持ちさせる洗濯法についてお伝えします。

 

 

シーツの洗濯は意外と簡単!?
長持ちさせる6つの方法

 

シーツを洗濯しないと、ダニが大量発生してお肌も荒れる!?


人は寝ている間に、汗や皮脂などを分泌しています。そのほかにも髪の毛やフケなども、寝るたびに寝具に残ります。それらを洗濯せずにいると、シーツの汚れをえさにしてダニがものすごい勢いで繁殖してしまいます。洗わないシーツは、ダニの温床になってしまうのです。

また、シーツが汚れているとお肌にも良くありません。シーツが原因でニキビができることも。美容と健康のために、シーツはこまめなお洗濯をおすすめします。

 

夏場は週に1回、冬場は週に2回のお洗濯が目安


夏場はとくに汗をかく季節なので、最低でも週に1回はシーツのお洗濯をおすすめします。夏場はお洗濯の後、外に干しておくとすぐに乾くのでお洗濯もしやすいですね^^

冬場であれば、夏場よりも汗の量が少なくなるので、2週間に1回程度のお洗濯で大丈夫です。

 

洗剤は中性洗剤や天然由来成分のものを使用する


お洗濯に使用する洗剤に気を配ることで、シーツをより長持ちさせることができます。

例えば、中性洗剤や天然由来の成分のものを使うと、繊維の本来持つ風合いの持ちも良くなります。また、柔軟剤はシーツの汗の吸い取りを悪くしてしまうことがあるので、シーツにはなるべく使用しないことをおすすめします。 

 

 

洗濯機で洗う際は、洗濯ネットにじゃばら折りで入れる


シーツを洗濯機でお洗濯するときには、どのようにして洗濯機に入れていますか?実は、シーツを丸めて洗濯機に入れてしまうと、シーツが洗濯機のドラムにすれて、布の繊維が痛んでしまいます。

シーツをお洗濯するときは、洗濯ネットに入れると生地が長持ちします。また、洗濯ネットにただ丸めて入れるのではなく、縦に三つ折りにしじゃばら状に畳んだ方が、奥まで水が染み込みやすくなり汚れの落ちも良くなります。畳むときは、表に出る部分に背中や首元などの汚れやすい箇所がくるようにすると、汚れが落ちやすいのでおすすめです。

ファスナーの付いているカバータイプのものは、裏返しにしてファスナーを閉じて洗うと四隅に溜まる糸くずや他の洗濯物の混入を防げます。しかし、カバーの汚れがひどい場合は裏返さない方が汚れが落ちます。

洗濯が終わった後はすぐに干すようにしてください。湿ったまま放置すると、シワや臭い、色落ちなどのトラブルの原因となります。

 

干すときは直射日光を避ける


シーツのお洗濯後に外に干す場合は、できるだけ直射日光を避けるようにしてください。シーツを紫外線に直接当ててしまうと繊維が痛み、持ちが悪くなる原因になります。

出来る限り風通しの良いところで、陰干しをするのがおすすめです。また、シーツをピンと張った状態で干すと、乾燥したときの風合いも良くなるのでおすすめです。

 

干し方を工夫して素早く乾かす


シーツは大きいので、乾くのに時間がかかりますよね。でも干し方を工夫することで、短時間で乾かすことができます。

今回は、おすすめの方法を3つお伝えします。

M字干し

M字干し

2本のさおを使って、シーツがM字になるように干します。空気の通り道が多くなるため、乾きやすくなります。

三角干し

三角干し

さおにシーツの対角線をかけるようにして干します。水滴が角になった部分に集まるので、乾きやすくなります。

じゃばら干し

じゃばら干し

ピンチハンガーを使って、じゃばらになるように干します。空気の当たる部分が多くなり、乾きやすくなります。シーツを干す場所がないときや、家の中でシーツを干さなければならないときに便利です。

 

お洗濯した清潔なシーツで寝ると、気持ちが良いですよね^^安眠のためだけではなく、健康や美容のためにもシーツのお洗濯は重要です。

シーツを清潔に保ち、健康な毎日を過ごしましょう!

 

まとめ

シーツの洗濯は意外と簡単!?長持ちさせる6つの方法
・ シーツを洗濯しないと、ダニが大量発生してお肌も荒れる!?
・ 夏場は週に1回、冬場は週に2回のお洗濯が目安
・ 洗剤は中性洗剤や天然由来成分のものを使用する
・ 洗濯機で洗う際は、洗濯ネットにじゃばら折りで入れる
・ 干すときは直射日光を避ける
・ 干し方を工夫して素早く乾かす


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 低反発枕にはデメリットも!?肩こり・首こりを解消する選び方 低反発枕にはデメリットも!?肩こり・首こりを解消する選び方
  2. 布団掃除機以上の効果!?カビやダニを除去する7つのコツ 布団掃除機以上の効果!?カビやダニを除去する7つのコツ
  3. アラーム設定を上手に活用して起きるための7つのポイント アラーム設定を上手に活用して起きるための7つのポイント
  4. 夜用ブラを寝るときに付けると起こる様々な効果 夜用ブラを寝るときに付けると起こる様々な効果
  5. 羽毛布団の洗濯はこれで完璧!お手入れの7つのコツ 羽毛布団の洗濯はこれで完璧!お手入れの7つのコツ
  6. 二段ベッドにおすすめのマット、収納、柵、サイズの選び方 二段ベッドにおすすめのマット、収納、柵、サイズの選び方
  7. アイマスクの知られざる5つの睡眠効果とは!? アイマスクの知られざる5つの睡眠効果とは!?
  8. テンピュール枕のメリット・デメリットを徹底検証! テンピュール枕のメリット・デメリットを徹底検証!

Facebok

PAGE TOP
Top