[続きを読む…]"> 一人暮らしのベッド選びは100%成功!おすすめの選び方|グッスリ!! [続きを読む…]" >
おすすめ快眠グッズ

一人暮らしのベッド選びは100%成功!おすすめの選び方

一人暮らしのベッド選びは100%成功!おすすめの選び方

一人暮らしで新しくベッドを購入したり買い換えるときって、いろんな種類のベッドがあって「自分の部屋にぴったりのベッドはどれなの?」と悩んでしまいますよね。特に、新しく一人暮らしを始める方はなおさらだと思います。

実は、一人暮らしのベッド選びには、「100%成功する、鉄板の選び方の順番」があるんです!この順番を知らないと、部屋が窮屈になったり、部屋にいるだけでストレスが溜まってしまうことも・・・

今回は、一人暮らしのベッド選びを100%成功させる、とびっきりの方法をお伝えします。

まずはサイズが一番大事です

いくらお気に入りのベッドが見つかったとしても、部屋に入らなければ意味はありません。また、大きすぎるベッドを購入してしまい、部屋に置いたらくつろげるスペースがなくなってしまった、といった事態も避けたいところです。

そのため、一人暮らしのベッド選びで何よりも優先すべきことは、ベッドのサイズです。部屋が6畳から8畳程の1ルームの場合は、シングルベッドが部屋の動線も確保できバランスの取れた部屋になります。部屋の広さが8畳以上ある場合は、少し余裕をもってセミダブルのベッドを置いても部屋に圧迫感をもたらすことなく、レイアウトを考えることができます。

また、からだのサイズも大いに関係してきます。肩幅プラス30cm程のスペースがあるベッドを選ぶと、寝返りもスムーズに行えるのでおすすめです。しっかりと寝返りがうてるもので、部屋に置いても窮屈な印象にならないサイズのベッドを選びましょう。

 

特にフレーム選びは慎重に!

ベッドのサイズが決まったら、次はベッドフレームを選んでいきます。

先ほど、一人暮らしのベッドには、部屋の大きさに合わせて、シングルサイズ~セミダブルサイズのベッドがおすすめである、とお伝えしました。マットレスの大きさにはある程度の基準がありますが、実はベッドフレームは、商品の種類によってサイズがバラバラなんです。そのため、フレームのサイズもしっかりとチェックしておかないと、「シングルベッドを購入したのに、なぜこんなに圧迫感があるの!?」ということにもなりかねません。

マットレスだけでなく、フレームのサイズもしっかりと把握し、快適な一人暮らしの空間をつくってみてください^^

 

室内の収納スペースに不安な場合は収納付のベッドがおすすめ

一人暮らしをしている方2000人にアンケートをとった結果、一人暮らしの部屋の中で一番悩むのは「収納スペース」という結果が出ました。限られた部屋の中で、いかに空いたスペースを有効に活用できるか、という点はとても重要なことですよね。

室内の収納スペースが心配、という方には、収納付のベッドをおすすめします。ベッドの下の空きスペースを有効に活用することができるので、クローゼットなどに入りきらない物をすっきりしまうことができます。

ただし、部屋の広さやベッドを置く向きによっては、ベッド下収納がうまく機能しないケースも出てきます。こちらも購入前にしっかりとチェックしておきましょう。

 

 

ソファーやカウチに変形するものや、ロフトタイプのものでスペースを有効活用

ベッドの中には折りたたむことで、ソファーやカウチのような使い方ができる便利なものや、高いところにベッドがあり、下のスペースを有効活用できるロフトタイプのベッドなどがあります。これらのベッドはベッド下収納と同じく、限られた空間を有効活用できるので、一人暮らしには心強い味方ですね^^

ただし、ロフトベッドを選ぶ際は天井と頭が近くなるので、ベッドや部屋の高さによっては窮屈になったり、起きたときに頭をぶつけてしまうことも。やはりここでも、購入前に事前のサイズ確認は不可欠です。

 

寝心地も重要なポイントです

いくら機能的なベッドや理想的な大きさのベッドを見つけたとしても、本来のベッドの目的は「寝ること」です。寝心地の悪いベッドでは、質の良い睡眠もとれませんし、健康を害してしまうことにもなりかねません。

ベッドの寝心地を決めるポイントで、一番重要なのはマットレスです。マットレスは睡眠の質を左右するといっても過言ではありません。自分が心地良く感じるものを使えば、それだけ気持ちよく眠りにつけるのです。

マットレスは、中に入っているコイルの数と詰め物の素材で、寝心地が随分と変わります。詰め物が何層にも重なったものほど柔らかい質感となりますが、腰痛を患っている人はあまりにも柔らかい質感のマットレスを使用すると症状を悪化させてしまう可能性もあります。一般的には硬めのマットレスがおすすめですが、寝心地には個人差があるため、自分が一番寝心地が良いと感じたマットレスを選ぶのがもっとも良い選択です。

 

実際に寝心地を確かめることが、納得のいくベッド選びの近道

インターネットや通販にはお手頃価格のベッドが数多く掲載されています。しかし実際に注文してみたら「思ってたものと違った・・・」ということもよくあることです。

一番良いのは、ベッドを実際に自分の目で見てサイズを測り、最終的に寝転んで寝心地をチェックすることです。こうすることで、高確率で納得のいくベッドを手に入れることができます。

また、「少しでも費用を安くしたい・・・!」という方は、実際に店舗に行って実物のベッドを確認した後に、同じベッドを通販で購入するといった方法もあります。

 

先輩や友人のアドバイスも聞いてみよう

ここまで一人暮らしのベッドの選び方についてお伝えしてきましたが、それでもどんなベッドが良いか悩む場合は、一人暮らしでベッドを使っている先輩や友人の話を聞いてみることもおすすめします。

「このベッドは購入して失敗した」「こういうベッドは使い勝手が良い」などリアルな体験談を聞くことで、ベッド選びがはかどります。どんなベッドにするか悩んでいる方は、先輩や友人たちの話をもとにして、最終的にどのベッドにするか決めるというのも一つの方法です。

また、憧れの先輩が使っているベッドや、好きな有名人が愛用しているベッドと同じものを手に入れることで、毎日素敵な気分で寝ることができる、という選び方もあります。

 

一人暮らしのベッド選びは、要点さえ押さえておけば、必ず自分にぴったりのベッドを手に入れることができます。

お気に入りのベッドを手に入れて、快適な一人暮らしを楽しんでくださいね^^

まとめ

一人暮らしのベッド選びは100%成功!おすすめの選び方
・ まずはサイズが一番大事です
・ 特にフレーム選びは慎重に!
・ 室内の収納スペースに不安な場合は収納付のベッドがおすすめ
・ ソファーやカウチに変形するものや、ロフトタイプのものでスペースを有効活用
・ 寝心地も重要なポイントです
・ 実際に寝心地を確かめることが、納得のいくベッド選びの近道
・ 先輩や友人のアドバイスも聞いてみよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグッスリ!!をフォローしよう!

同じカテゴリーの記事