おすすめ快眠グッズ

電気毛布は体に悪い!?間違った使い方とおすすめ活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
電気毛布は体に悪い!?間違った使い方とおすすめ活用法

電気毛布は体に悪い!?間違った使い方とおすすめ活用法

体が冷たくってなかなか眠れないという方にとって、電気毛布は強い味方ですよね。寒い時期になると、毎日使っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、電気毛布は正しく使わないと、体に悪い影響を及ぼしてしまうんです!最悪の場合、間違った使い方で命を落としてしまうケースも・・・

今回は、電気毛布で体に悪い影響を与えないための、正しい使い方についてお伝えします。

 

 

電気毛布は体に悪い!?
間違った使い方とおすすめ活用法

 

一晩中つけっぱなしにすると、汗のかきすぎで脱水症状を引き起こす


電気毛布は暖かくて気持ちが良いので、ついついスイッチを入れっぱなしにして朝まで眠ってしまうことも多いですよね。寒がりな方はなおさらです。しかし、これは大変体に悪い行為なんです。

人は通常でも、寝ている間にコップ一杯分くらいの汗をかきます。電気毛布のスイッチを入れたまま寝ると、さらに沢山の汗をかくことになり、いつもより余計に水分が失われてしまうのです。たくさんの汗をかくと、脱水症状が進行し、最悪の場合は死亡してしまうことも・・・。

電気毛布を使用する際には、一晩中スイッチを入れっぱなしにすることは、絶対に避けてください。

 

体を温めすぎると睡眠の質が落ち、体調を崩してしまう


人は眠りに入るとき、体温が除々に下がっていくことで熟睡することができ、しっかりと体を休めることができます。

しかし電気毛布を一晩中使っていると、ずっと体が温められた状態になるため、除々に下がるはずの体温が下がらず、温かいままの状態になってしまいます。すると、体温調整が上手くいかないため、体は体温を下げようと汗を余計にかくことになってしまいます。汗をかきすぎると、先ほどもお伝えしたように、脱水症状になりますし、汗が冷えてしまうことで風邪を引き起こすリスクもあるんです。

また、体温調節がうまくいかないことにより、熟睡ができないので、疲れをとることができなくなります。また、体がだるかったり、頭もすっきりしないなどの症状が発生し、日常生活に悪影響を及ぼしかねません。

電気毛布のつけっぱなしは、こんなにも体に悪いんですね。

 

電磁波が体に悪いという説もある


電気毛布は電化製品です。実は、電化製品から出る電磁波が体に悪いという説もあります。電気毛布はずっと体に密着させているものですので、他の電化製品よりも体に与える悪影響が高くなる可能性があります。特に、心臓にペースメーカーが入っている方や、妊婦さんは電磁波の影響を受けやすいので、念のため注意が必要です。

現在は電磁波に配慮した製品も出ているため、気になる方は検討されることをおすすめします。

 

 

寝る前につけておいて布団に入るときはスイッチオフ


電気毛布を使うときは、寝る1時間くらい前からスイッチを入れておき、布団の中をあらかじめ温めておく方法がおすすめです。布団に入るときはスイッチを切るようにすると、布団に入ったときのひんやりとした感じがなくなり、すんなりと眠りに入ることができます。また、寝るときにスイッチは切られているので、布団を温め過ぎることもありません。

さらに、羽毛布団などの保温性の高い布団を合わせて使用することで、熱が逃げることを防ぐことができ、一層効果的です。

 

湯たんぽを併用すると効果的


寝るときに電気毛布のスイッチを切ってしまうと、足が冷えてしまって眠れないという方は、湯たんぽを併用してみてください。湯たんぽは、徐々に温度が低くなっていくため温められすぎることがなく、体温調節にも影響がないため安心です。

 

寒がりな人はタイマー機能のついた電気毛布がおすすめ


湯たんぽを併用しても、電気毛布のスイッチを切ってしまうと寒くて眠れないという方は、タイマー機能のついた電気毛布がおすすめです。布団に入ってから30分後くらいにスイッチが切れるようにタイマーを設定すると、湯たんぽと同じくらいのあいだ布団を温めることができます。

 

どんな優れたものでも使い方を間違ってしまうと、せっかくの機能が発揮されず、それどころか体に悪い面ばかりが強調されてしまうことがあります。電気毛布も正しい使い方を守ると、冷え症な方や寒がりな方の強い味方になります。

電気毛布を上手に活用して、快適な睡眠ライフをお過ごしください^^

 

まとめ

電気毛布は体に悪い!?間違った使い方とおすすめ活用法
・ 一晩中つけっぱなしにすると、汗のかきすぎで脱水症状を引き起こす
・ 体を温めすぎると睡眠の質が落ち、体調を崩してしまう
・ 電磁波が体に悪いという説もある
・ 寝る前につけておいて布団に入るときはスイッチオフ
・ 湯たんぽを併用すると効果的
・ 寒がりな人はタイマー機能のついた電気毛布がおすすめ


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. アラーム設定を上手に活用して起きるための7つのポイント アラーム設定を上手に活用して起きるための7つのポイント
  2. 和室にベッドをおしゃれに置く6つのおすすめの方法 和室にベッドをおしゃれに置く6つのおすすめの方法
  3. カーテンの洗濯は実は簡単!?5つのおすすめの洗い方 カーテンの洗濯は実は簡単!?5つのおすすめの洗い方
  4. テンピュール枕のメリット・デメリットを徹底検証! テンピュール枕のメリット・デメリットを徹底検証!
  5. 意外と簡単!?誰でも出来るカーテンレールの取り付け方 意外と簡単!?誰でも出来るカーテンレールの取り付け方
  6. ネックウォーマーの作り方は意外と簡単!?5つのおすすめ ネックウォーマーの作り方は意外と簡単!?5つのおすすめ
  7. 羽毛布団の選び方を教えて!意外と知らない6つのおすすめ 羽毛布団の選び方を教えて!意外と知らない6つのおすすめ
  8. ベッド下収納は狭い部屋の味方!メリットとおすすめの選び方 ベッド下収納は狭い部屋の味方!メリットとおすすめの選び方

Facebok

PAGE TOP
Top