[続きを読む…]"> うちの枕って洗濯できる?正しい洗濯方法とお手入れのコツ|グッスリ!! [続きを読む…]" >
おすすめ快眠グッズ

うちの枕って洗濯できる?正しい洗濯方法とお手入れのコツ

うちの枕って洗濯できる?正しい洗濯方法とお手入れのコツ

枕の汚れが目立ってきたり、ニオイが気になってきたら洗濯が効果的ですが、洋服と違って大きなものなので、どうやって洗濯したら良いか困ってしまいますよね。中には「うちの枕って洗濯しても良いの?」というお悩みもあります。

実は、枕の洗濯には意外と知られていない「ちょっとしたコツ」があるんです!知らないでいると、気付かないうちにに枕を傷めていたり、枕の中でカビやダニを育てていることになるかも・・・

今回は、枕を洗濯していつも清潔に保つための方法をお伝えします。

まずは枕の素材をチェックして、洗濯できるか確認する

枕は中素材によって水洗いできないものもあるので、本体についている洗濯タグの表示や取扱説明書で確認する必要があります。基本的には、そば殻、羽毛は洗濯できません。また、低反発枕は中素材がウレタンなので水に弱く、洗濯するとボロボロになってしまいます。ポリエステル、パイプ、ビーズなどは基本的には洗濯できる素材ですが、ものによっては洗濯できないものがあるので、やはりタグで確認するのが確実です。

なお、水洗いが可能な素材であっても、洗濯機が使えない場合もあるので注意が必要です。

 

洗濯機で洗う場合は弱めの水流で行う

洗濯機を使って枕を洗濯する場合は、中素材が飛び出さないように大きめの洗濯ネットに入れます。枕を傷めないよう弱めの水流にする必要があるので、洗濯モードは「手洗い」や「ドライ」などのゆるやかコースに設定します。

なお、洗濯機の容量と枕の大きさが合わず、洗濯層の中がパンパンになってしまう場合は、汚れが落ちないだけでなく洗濯機の故障にもつながるので、手洗いに切り替えましょう。

 

手洗いする場合は浴槽を利用すると便利

手洗いで枕を洗濯する場合は、浴槽を利用するのがおすすめです。お風呂の残り湯を使えるので経済的でもあります。

手順としては、水が張られている浴槽に洗剤を入れて、足で枕を踏みながら汚れを押し出すようにして洗っていきます。このとき、ぬるま湯を使用することで、汚れが落ちやすくなります。水が黒くなってきたら排水し、すすぎ用に水を張りなおします。洗剤の泡が出なくなるまで、この工程を何度か繰り返しながらすすいでいきます。すすぎ終わったら、さらに足で踏んで余分な水分を押し出します。その後、浴槽の縁にかけて水を切ります。

なお、脱水のみ洗濯機を使うと、乾くのも早くなります。

 

 

中性洗剤と漂白剤の併用がおすすめ

枕を洗濯するときにおすすめなのは中性洗剤です。黄ばみや黒ずみが気になる場合は塩素系の漂白剤を併用し、ぬるま湯につけ置きしてから洗濯すると効果的です。つけ置き時間は汚れの程度にもよりますが、30分~2時間程度を目安にします。

なお、塩素系の漂白剤には消臭効果もあります。また、重曹には消臭効果だけではなく漂白効果もあり、加齢臭やよだれ染みを落とすのに適しています。

汚れの種類に応じて洗剤を使い分け、枕をきれいにしていってくださいね^^

 

脱水は軽めにかけ、しっかり乾かすことが重要

洗濯機で脱水する場合は、軽めにかけることがポイントです。脱水が強すぎると、枕の中身が偏ってしまいます。脱水後は、手のひらで叩いて枕の中身を均一に整えます。干し方は、天日干しが基本です。100円ショップなどで売られている枕干し専用のハンガーを使うと便利ですが、ない場合は針金ハンガーでも代用できます。

作り方は簡単です。ハンガーの下側中央を下に引っ張ってダイヤモンド型を作ります。もうひとつ同じもの作って、ダイヤモンド形の先端部分を針金や結束バンドでくくりつければ完了です。あとは、ハンガーの間に枕を挟んで竿などにひっかけて干すだけです。

なお、枕は厚みがあるので、完全に乾くまで数日間かかる場合もあります。乾燥が不十分だと、カビの原因にもなるのでしっかり乾かしましょう。

 

洗濯できない枕でもお手入れは忘れずに!

そば殻やウレタンなどの素材は洗濯できないので、天日干しが基本です。これらの枕は放っておくと虫が湧きやすいので、こまめに干すのがポイントです。なお、そば殻は叩くと割れて虫がつきやすくなるので、叩く際は手のひらで優しく行うようにしましょう。

羽毛の場合、基本的には洗濯も天日干しもできないので、風通しの良い場所でこまめに陰干しするのが原則です。掃除機やコロコロテープを使って、枕の表面についた髪の毛などを除去することも、清潔を保つための秘訣です。もし枕がひどく汚れてしまったら、中性洗剤を溶かしたぬるま湯にタオルをひたして、かたく絞ったうえで表面を拭き取ります。

なお、洗濯できない枕であっても専門業者ならばクリーニング可能な場合もあるので、あまりにも汚れがひどい場合には、相談してみましょう。

 

枕カバーはこまめに洗濯するのがポイント

枕本体を洗濯するのはなかなか大変なので、タイミングとしては年に1~2回ほど、なるべく暑い季節に、好天の続きそうなタイミングを見計らって洗濯するのがおすすめです。

本体を頻繁に洗濯できない代わりに、枕カバーはこまめに洗うようにします。代えの枕カバーがない場合にはタオルなどを代わりにひけば、毎日手軽に交換できるのでお手入れが楽になります。

また、髪が濡れたまま枕を使用すると、枕に湿気がこもってしまいカビの原因になります。寝る前にはドライヤーや自然乾燥で、髪をよく乾かしてから寝るようにすると、お手入れの頻度が少なくなるのでおすすめです。

 

枕は睡眠にとって大事なツールです。質の良い睡眠をとるためにも、それぞれの枕に適した洗濯方法を実践して、常に清潔を保つように心がけましょう。

清潔な枕で、快適な睡眠ライフをお過ごしください^^

まとめ

うちの枕って洗濯できる?正しい洗濯方法とお手入れのコツ
・ まずは枕の素材をチェックして、洗濯できるか確認する
・ 洗濯機で洗う場合は弱めの水流で行う
・ 手洗いする場合は浴槽を利用すると便利
・ 中性洗剤と漂白剤の併用がおすすめ
・ 脱水は軽めにかけ、しっかり乾かすことが重要
・ 洗濯できない枕でもお手入れは忘れずに!
・ 枕カバーはこまめに洗濯するのがポイント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでグッスリ!!をフォローしよう!

同じカテゴリーの記事