おすすめ快眠グッズ

クイーンサイズのベッドを買う前に!5つのおすすめの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
クイーンサイズのベッドを買う前に!5つのおすすめの選び方

クイーンサイズのベッドを買う前に!5つのおすすめの選び方

クイーンサイズのベッドはダブルベッドよりもゆったりしていて、2人で寝ても窮屈さを感じない点が魅力ですよね。

実は、クイーンサイズのベッドにはメリットとデメリットの両方があるって知っていましたか?最悪の場合、くつろぎの場である寝室が、逆にストレスを溜め込む場になってしまうことも・・・

今回は、クイーンサイズのベッドを購入する前に知っておきたいことをお伝えします。

 

 

クイーンサイズのベッドを買う前に!
5つのおすすめの選び方

 

クイーンサイズのベッドとダブルベッドの違いは、横幅のゆったり感


1つのベッドに2人寝ることを想像するとき、まず始めに思い浮かぶのがダブルベッドではないでしょうか。からだの個人差もありますので一概には言えませんが、大人2人がダブルベッドで寝ると意外にも狭苦しく感じてしまうことが多いです。特に寝返りをうとうものならぶつかってしまうことも・・・。また、寝相の悪い方とダブルベッドで寝るとなると、間違いなく熟睡はできないでしょう。

こんなとき、クイーンサイズのベッドであれば余裕をもって大人2人が寝ることができるのです。一般的にダブルベッドのサイズは縦200cm×横140cm、クイーンサイズのベッドは縦は同じ200cmですが横は170cmとダブルベッドに比べて30cmも余裕があるのです。これなら安心して寝返りをうつこともできますね^^

クイーンサイズのベッドとダブルベッドを比較した場合、ゆとりを持って熟睡したいならクイーンサイズのベッドをおすすめします。

 

購入する前には寝室の間取りと搬入経路をチェック


クイーンサイズのベッドを購入する際は、まず部屋の間取りや広さを確認しておきましょう。非常に大きなものになりますから、ベッドを置けるだけのスペース確保が必要です。

また、置けたとしてもベッドによって生活の動線が妨げられると、そのことがストレスとなり、本来安心してくつろげるはずの寝室が反対に居心地の悪い空間になってしまう可能性もあるのです。部屋の広さでいうと、8畳以上の広さがあれば余裕を持ってクイーンサイズのベッドを置くことができます。10畳から12畳あれば他の家具を置くこともでき動線も確保することができるでしょう。

ベッドを部屋まできちんと搬入できるかも大きなポイントです。通路が狭く搬入できないといった問題が起こらないように、搬入経路の計測とシミュレーションもしっかりとしておくことをおすすめします。

 

 

メリットは広い横幅と、掛け布団を2枚使用できる点


クイーンサイズのベッドの一番のメリットとは、その広い横幅でしょう。寝返りをうっても余裕があるので、まずベッドから落ちる心配はありません。また大人が2人寝てもまだスペースがあるため、狭苦しさを感じることなく落ち着いて眠ることができます。

次に、掛け布団の奪い合いから解放されるというのも大きな魅力です。ダブルベッドでよくありがちなのが、1枚の掛け布団を使用してどちらかが布団にくるまってしまい、もう片方の人が寒い思いをするといった事態です。特に秋や冬の寒い日などはつらいですよね。このような状態が長く続くと風邪をひいたり、お腹が冷えるといった健康被害もでてきます。それに比べてクイーンサイズのベッドだと、シングルの掛け布団2枚を使用することで、お互い不快な思いをすることなく眠ることができます。

 

デメリットはサイズ・価格・種類の少なさ


クイーンサイズのベッドの、メリットでもありデメリットでもあるのがベッドのサイズです。先ほどもお伝えした通り、寝室の大きさと搬入経路が重要になってきます。

また、ベッドのサイズが大きい分、価格もダブルベッドに比べて高くなります。価格と寝室の広さを考慮し、バランス良く慎重に選ばないと、メリットが一転してデメリットになることだってあるのです。

更に、クイーンサイズのベッドはダブルベッドに比べ種類が少ないので、選択肢が限られています。したがって布団カバーや掛け布団などの関連グッズもダブルベッドほど種類は多くはありません。インテリアにこだわる人にとってはちょっとネックになりそうです。

クイーンサイズのベッドを選ぶ際には、デメリットも考慮しながら検討することで、長く快適に使うことができるようになりますよ^^

 

将来的なことを考えて決めましょう


クイーンサイズのベッドは価格もダブルベッドより高くなることは先ほどお伝えしましたが、将来のことを踏まえながらクイーンベッドを選ぶことも重要です。

例えば、今は2人で寝るので広いクイーンベッドが欲しいと思っても、転勤が多くあちこちを転々としなければならない人達にとっては、いつまでクイーンベッドが使えるのか分かりません。また、若い夫婦の場合はこれからできる子供のことを考え、将来3人で寝られるベッドが良いというのであればクイーンサイズのベッドを長く使うことができます。

このように、高い費用を払って購入したベッドを長く使うことができるか、というのも購入の際の大きなポイントになってきます。

 

クイーンサイズのベッドにはメリットとデメリットがあり、寝室の環境などによって使いやすさがガラリと変わってしまうんですね。

また、自分たちにどんなベッドがぴったりなのかは、実際に店舗に行って確認するのが一番です。専門の店員さんもいらっしゃるので、相談に乗ってもらうことで、ベストな選択をすることができますよ^^

自分たちにぴったりのベッドを手に入れて、快適な睡眠ライフをお過ごしください!

 

まとめ

クイーンサイズのベッドを買う前に!5つのおすすめの選び方
・ クイーンサイズのベッドとダブルベッドの違いは、横幅のゆったり感
・ 購入する前には寝室の間取りと搬入経路をチェック
・ メリットは広い横幅と、掛け布団を2枚使用できる点
・ デメリットはサイズ・価格・種類の少なさ
・ 将来的なことを考えて決めましょう


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 保育園のお昼寝布団選びはここをチェック!7つのポイント 保育園のお昼寝布団選びはここをチェック!7つのポイント
  2. 布団乾燥機はこう選べ!7つのおすすめチェックポイント 布団乾燥機はこう選べ!7つのおすすめチェックポイント
  3. うちの枕って洗濯できる?正しい洗濯方法とお手入れのコツ うちの枕って洗濯できる?正しい洗濯方法とお手入れのコツ
  4. ベッド下収納は狭い部屋の味方!メリットとおすすめの選び方 ベッド下収納は狭い部屋の味方!メリットとおすすめの選び方
  5. 夜用ブラを寝るときに付けると起こる様々な効果 夜用ブラを寝るときに付けると起こる様々な効果
  6. 枕の高さで睡眠の質が変わる?快眠のための枕の選び方 枕の高さで睡眠の質が変わる?快眠のための枕の選び方
  7. 出窓カーテンをおしゃれに演出!おすすめの測り方と選び方 出窓カーテンをおしゃれに演出!おすすめの測り方と選び方
  8. 布団のカビは要注意!原因と対処法を理解ししっかり予防 布団のカビは要注意!原因と対処法を理解ししっかり予防

Facebok

PAGE TOP
Top