歯ぎしりの原因・治療法

歯ぎしりはなぜ起こる?5つの原因ごとの対策・治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
歯ぎしりはなぜ起こる?5つの原因ごとの対策・治療法

歯ぎしりはなぜ起こる?5つの原因ごとの対策・治療法

朝起きたときに顎や歯が痛くなっていたら、起きるのもなんだか憂鬱になってしまいますよね。その痛み、もしかしたら寝ている間に歯ぎしりをしているのかもしれません。

歯ぎしりは、歯だけでなく身体にさまざまな悪影響を与えます。原因と対処法を知って、歯ぎしりを予防しましょう。今回は、歯ぎしりの原因と対処法をお伝えします。

 

 

歯ぎしりはなぜ起こる?
5つの原因ごとの対策・治療法

 

ストレスが原因の場合は、無くす努力よりも楽しく解消しよう


歯ぎしりの原因で最も有力なもののひとつにストレスがあげられます。引越し、転職、入学などの環境の変化でストレスを強く感じ歯ぎしりが強くなることがあります。また、近親者が入院したり、亡くなったりするとストレスはかなり強くなり、歯が欠けたり、詰め物が取れたりするほど歯ぎしりがひどくなることもあります。

 

ストレスからくる歯ぎしりをなくすには、ストレスを無くすことが一番なのですが、現代社会でストレスを無くすことはなかなか難しいです。そこで、趣味の時間を楽しむなど、自分なりのストレス解消法を見つけ、ストレスをうまくコントロールすることで、歯ぎしりがひどくならないようにしていきましょう。また、歯を守るためのマウスピースを使うことも一つの方法です。

 

歯並びが原因の場合は、歯科矯正がおすすめ


歯並びがきれいな人でも歯ぎしりをはしますが、歯並びが悪い人は、歯並びが影響して噛み合わせが変化しやすく、歯ぎしりも起こりやすくなります。また、歯並びが悪い人が歯ぎしりをすると、噛み合っている歯が少ないために噛んでいる部分の負担が大きくなり、ダメージが大きくなります。

 

歯並びが原因で歯ぎしりをする場合、歯列矯正や部分矯正などで歯並びを直すと良いでしょう。最近は大人の方でも矯正治療をされる方が増えています。歯ぎしりを放っておくと、歯へのダメージが大きいため、矯正をおすすめします。

 

 

噛み合わせの変化が原因の場合は、早めに医師に相談する


噛み合わせは、成長や歯科治療、歯周病、老化、歯のすり減りなどにより常に変化しています。その変化に対応するために、歯ぎしりによって噛み合わせを自分で調整しているのです。20代の時と70、80代の時では顎や歯の形は変化します。ある程度の自然な変化は身体にとって必要なことなのですが、虫歯の放置や歯周病など、短期間で噛み合わせが変わってしまうと歯ぎしりがひどくなってしまうのです。

 

虫歯や歯周病によって歯ぎしりが引き起こされますが、逆に歯ぎしりによって虫歯や歯周病が悪化してしまい、悪循環が起こってしまいます。手遅れになる前に歯医者に行き、治療を行いましょう。歯ぎしりを引き起こさないよう、歯の疾患は早く直すことが大切です。

 

歯を食いしばるくせが原因の場合は、普段から意識を配る


無意識に行っているくせが夜寝ている時に出てしまうことがあります。歯ぎしりも、それが原因で起こることがあります。日中歯を食いしばるくせがある人は筋肉が記憶しているため、寝ている間も歯ぎしりとして行なってしまうのです。

 

意識のあるときに歯を噛み合わせないようにすることで、寝ている間の歯ぎしりを防止することができます。人は、常に歯と歯の間に1mm程度の空間があり、歯と歯は普段は接触していない状態が通常です。なるべく日中、歯と歯を接触させないことを意識することによって、寝ているときも歯と歯を接触しないようになり、歯ぎしりを予防することができます。

 

酸で歯が溶けたことが原因の場合は、ガムを噛んで食後の酸を緩和


歯に急激な変化があると、歯ぎしりを引き起こしやすくなります。特に「酸蝕症」と呼ばれているものは、歯がもろくなり、急激にすり減ってしまうため、歯ぎしりの原因になりやすいのです。
酸蝕症は、みかんやレモンなど酸性の強い食べ物を多量に食べることによって、歯の表面の硬いエナメル質が溶かされ、柔らかい象牙質が出てくる症状です。

 

食後溶けてしまったエナメル質を再生させるには、キシリトールガムを噛むと良いでしょう。ガムを噛むことで唾液を多く出し、酸を洗い流してくれます。また、キシリトールも歯に良いため一石二鳥です。酸による急激な歯の擦り減りを予防することで、歯ぎしりも予防できます。

 

このように、歯ぎしりの原因となることはさまざまで、原因ごとに対処法も変わってきます。歯ぎしりの原因のなかにもしも思い当たることがあれば、気がつかないうちに歯ぎしりをしている可能性もあります。

歯ぎしりを予防して、歯を大切にしてくださいね^^

 

まとめ


・ ストレスが原因の場合は、無くす努力よりも楽しく解消しよう
・ 歯並びが原因の場合は、歯科矯正がおすすめ
・ 噛み合わせの変化が原因の場合は、早めに医師に相談する
・ 歯を食いしばるくせが原因の場合は、普段から意識を配る
・ 酸で歯が溶けたことが原因の場合は、ガムを噛んで食後の酸を緩和


この記事が気に入ったら「いいね!」してね

 

この記事を友だちにシェアしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 歯ぎしりの対策法は原因ごとに違う!?6つの原因と対策法 歯ぎしりの対策法は原因ごとに違う!?6つの原因と対策法
  2. 歯ぎしりの意外な原因とは!?原因ごとの治療・対策法 歯ぎしりの意外な原因とは!?原因ごとの治療・対策法
  3. 歯ぎしりの治療法を教えて!原因ごとの治療・対策・予防法 歯ぎしりの治療法を教えて!原因ごとの治療・対策・予防法

Facebok

PAGE TOP
Top